« カンブルラン/読響(2010/11/23) | トップページ | カンブルラン/読響(2010/11/29) »

2010年11月28日 (日)

スダーン/東響(2010/11/28)

2010年11月28日(日)14:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:ユベール・スダーン
東京交響楽団
(川崎定期演奏会 第28回)
ピアノ=ダン・タイ・ソン

《ショパン生誕200年》
ショパン:ピアノ協奏曲第2番
ショパン:マズルカ第13番
(アンコール)
ブルックナー:交響曲第8番ハ短調(ノヴァーク版第2稿)

ダン・タイ・ソンさんの名前はショパン・コンクールの頃から知っていましたが、演奏はほとんど聴いたことがありませんでした。
ショパンの協奏曲で鳴らされたピアノの音は、男性的な骨太の印象。
一音一音を、強い音で、くっきりと演奏している感じ。
ショパンの演奏でよくある流麗さはあまり感じません。
もしかしたら好き嫌いが分かれるかもしれませんが、迫力があり、私は面白く聴けました。
会場も沸いていました。
ただ、アンコールの独奏曲の最後、余韻を壊すような早過ぎる拍手はちょっと残念。
会場の大半のお客様も一瞬ひるんで拍手を追従せず、少し間を置いてから全体の拍手になっていきました。

休憩後のブルックナーは、非常にパワフルだけど繊細さを合わせ持つ、のびのあるサウンド。
演奏会に先立ってセッション録音がされたそうで、前日のサントリーホールでの定期演奏会も含めて、この日が4日連続の「本番」。
ところどころで、多少疲れもあるのかな、と思いましたが、全般的には「さすがプロ」と脱帽せざるを得ません。
レコーディングはもちろん、前日のサントリーホールも聴いていないので、あくまでも想像ですが、演奏を重ねることで完成度が高くなった面もあったことでしょう。
第2楽章終了後にチューニングがあって、後半の第3、第4楽章は、さらに音が艶やかになった印象でした。

演奏が終わって、間髪を入れずに拍手と「ブラボー」の声が響き渡っても、スダーンさんは、放心状態でしばらく指揮台の上で動きませんでした。
それだけ、渾身の演奏だったのでしょう。

ミューザ川崎だと、サントリーホールよりも音がシャープに聞こえているのではないかと思いますが、それでも、音がいくら大きくなってもうるさくならず、濁らないクリアーなサウンドに感じるのは、やはり東響の魅力です。

相性の良い音楽監督が何年も継続して振って作り上げてくれたサウンド
ずいぶん前に、スダーンが東京交響楽団の首席客演指揮者になったとき、今日の東響の姿は想像すら出ませんでした。
「スーダンって誰?」と思ったくらい。
音楽監督になったときは、秋山和慶さんの大ファンだった私は、正直、仰天しました。
でも、聴き続けて良かった。
元々相性は良かったと思いますが、まだ、年々良くなっている気もします。

この日は、サイン会を見越して、今まで購入を待っていたシューマンの交響曲全集のCDを会場で購入しました。
サインいただく際に、今日の感動と「3月の演奏会も楽しみにしています」と拙い英語でスダーンさんに直にお伝えできて良かったです。

なおこの日の演奏会は、2011年1月30日(日)21:00から、NHK教育テレビ『オーケストラの森』で放送されるとのことです。
また、先述のように、演奏会に先立ってセッション録音されたブルックナーのCDが、来年発売予定とのことです。


201011281

201011282

201011283 

|

« カンブルラン/読響(2010/11/23) | トップページ | カンブルラン/読響(2010/11/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/50156719

この記事へのトラックバック一覧です: スダーン/東響(2010/11/28):

« カンブルラン/読響(2010/11/23) | トップページ | カンブルラン/読響(2010/11/29) »