« カンブルラン/読響(2010/11/29) | トップページ | 11月に聴いたCDの感想 »

2010年11月30日 (火)

インバル/都響(2010/11/30)

2010年11月30日(火)19:00
サントリーホール

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団

(第707回定期演奏会 Bシリーズ)
ヴァイオリン:四方恭子

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番
ブルックナー:交響曲第6番

サントリーで聴いているのに、前日の東京文化会館での響きが想像出来る演奏。
なんとパワフルなこと!
音が多少荒々しくなっても、威力の方を取って強奏させた感じ。
磨き抜かれた宝石の上品な輝きというよりも、ゴツゴツとした原石が転がっていくような魅力。
「ショスタコーヴィチのようなブルックナー」と言ったら言い過ぎでしょうか?
インバルさんの指揮は、渾身の力強さを感じる場面あり、懐の深さ、ある種の余裕を感じる場面あり。
プリンシパル・コンダクターとして、一回の滞在期間は長くはないものの、順調に共演回数を重ね、都響とのコンビは以心伝心の一番良い状態かもしれません。
響き渡る轟音に身を任せている快感を満喫した演奏でした。

前半のモーツァルトは、ピリオド風でない昔ながらのモーツァルト。
コンサートマスターの独奏としては、まずまずなのかもしれません。
でも、前日の読響の演奏会で聴いたハーグナーさんの圧倒的な存在感を思い出すと、
(曲目も何もかも違うので、比較すること自体ナンセンスなのは承知の上で)
やっぱり、ソロでバリバリ活躍される方と、オケをリードするコンサートマスターとでは、果たすべき役割が違うのではないかと感じました。

20101130

|

« カンブルラン/読響(2010/11/29) | トップページ | 11月に聴いたCDの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/50185638

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/都響(2010/11/30):

« カンブルラン/読響(2010/11/29) | トップページ | 11月に聴いたCDの感想 »