« メッツマッハー/新日本フィル(2010/11/07) | トップページ | チョン・ミョンフン/東フィル(2010/11/19) »

2010年11月14日 (日)

プレヴィン/N響(2010/11/14)

2010年11月14日(日)15:00
NHKホール

指揮・ピアノ:アンドレ・プレヴィン
NHK交響楽団
(第1685回定期公演)

武満徹:グリーン
ガーシュウィン:ピアノ協奏曲ヘ調
プロコフィエフ:交響曲第5番

登場したときの第一印象は「ずいぶんお年を召されたなぁ」という感じ。
足がかなり衰えていらっしゃるようで、指揮台の上がり降りもつらそう。
最後の方は、コンサートマスターの堀さんの手を借りていました。
マタチッチさんの最後の来日のときのよう。
それでも、あのときマタチッチさんは立って指揮されましたが、プレヴィンさんは椅子に座っての指揮です。

それでも、ピアノの腕は、衰えていませんでした。
ガーシュインの弾き振りは、かつてのCDに聴かれるような、さっそうとしたスイングは、もう、あまりありません。
ジャズっぽいピアノと言っても、どちらかというと、雰囲気たっぷりに奏でるバラードのよう。
それでも、ちょっとした旋律のなんとチャーミングなこと。
もちろん、若い頃に比べればテクニックは衰えているのかもしれませんが、そこはさすがに指揮者。
しっかりとしたテンポ感が頭の中にあるのでしょう。
オケの演奏も、いくぶんゆったり目ながら間延びしたところは一切無く、まい進する演奏を楽しむことが出来ました。

弾き振りと言っても、ピアノを弾いているときは、視線は鍵盤の方に向けられていることが多かったようです。
片手でピアノを弾きながら、もう一方の手で指揮をする場面も多々ありましたが、そのときも、視線は鍵盤。
あまり、指揮の動作はしていませんでしたが、オーケストラの音は「指揮者の居る」音でした。

後半のプロコフィエフの交響曲は、円熟の味わいのガーシュインのピアノとはうって変わって、緊迫感のあるテンションの高い演奏。
N響の方も、堀さんと篠崎さんの二人のコンサートマスターが並んで座り、ベストの布陣でしょうか?
第4楽章の終結部など、いつもテレビで見ているクールなN響の皆さんとは思えないほど、力の入った、身体を揺らしての熱演。
N響が本気を出すと、この広大なNHKホールであっても、迫り来るサウンドがクライマックスを築き、3階席でも十分楽しめました。

最初の武満さんの曲は、よくわかりませんでした。
小澤さん指揮のCDが家にあったので「予習」もしましたが、もともと武満さんの曲は私とあまり相性がよくないので、私には、この日の演奏を語る資格はありません。
「とりあえず、音にしました」というレベルの演奏だったか、深淵にせまる名演だったのか、私にはわかりません。

|

« メッツマッハー/新日本フィル(2010/11/07) | トップページ | チョン・ミョンフン/東フィル(2010/11/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/50029359

この記事へのトラックバック一覧です: プレヴィン/N響(2010/11/14):

« メッツマッハー/新日本フィル(2010/11/07) | トップページ | チョン・ミョンフン/東フィル(2010/11/19) »