« チョン・ミョンフン/東フィル(2010/11/19) | トップページ | カンブルラン/読響(2010/11/23) »

2010年11月20日 (土)

スダーン/Tokyo Symphonyモーツァルト・プレーヤーズ(2010/11/20)

2010年11月20(土)11:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:ユベール・スダーン
Tokyo Symphonyモーツァルト・プレーヤーズ

(モーツァルト・マチネ第3回)

モーツァルト:交響曲第29番
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」

小編成でのクリアーな音のモーツァルト。
前日、コントラバス12人の大編成で分厚いブルックナーの音を聴いた耳には、心地良い清涼剤のように感じます。

Tokyo Symphonyモーツァルト・プレーヤーズと名乗っていますが、実質、東京交響楽団の演奏。
指揮をするのは、オケとの相性が「絶好調」の音楽監督スダーンさん。
スリムな編成で、歯切れ良く、かつ、力強く進むモーツァルトの交響曲。
大編成を使わずとも、暴力的なピリオド・アプローチをとらずとも、これだけ堂々たるシンフォニックなサウンドを築けるとは、素晴らしい!

休憩なしで2曲の交響曲を堪能した後、正午過ぎにのんびりホールを出るのは本当に気持ちが良い。
ホール近くで軽く昼食をとった後、ミューザ川崎の2階正面入り口を通りかかると、なんとスダーンさんとコンサートマスターのニキティンが連れ添って一般の出入口から、普通に歩いて、出ていらっしゃるのを目撃しました。
マエストロは楽屋口から専用のお車…ではないんですね。
音楽家が自然に雑踏にとけ込む街、川崎。

なお、この日、10時30分に開場した後、10時35分くらいまでの5分くらいはmロビーまでの開場でした。
おそらく、オケの皆さん、朝早くから直前までゲネプロ。
お疲れ様です。
そして、ありがとう、すがすがしい朝を。

20101120tokyo_symphony1

20101120tokyo_symphony2

|

« チョン・ミョンフン/東フィル(2010/11/19) | トップページ | カンブルラン/読響(2010/11/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/50083511

この記事へのトラックバック一覧です: スダーン/Tokyo Symphonyモーツァルト・プレーヤーズ(2010/11/20):

« チョン・ミョンフン/東フィル(2010/11/19) | トップページ | カンブルラン/読響(2010/11/23) »