« アーノンクール/ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス(2010/11/03) | トップページ | メッツマッハー/新日本フィル(2010/11/07) »

2010年11月 6日 (土)

庄司紗矢香(Vn)& カシオーリ(P)(2010/11/6)

2010年11月6日(土)14:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

Vn:庄司紗矢香
P:ジャンルカ・カシオーリ

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第7番
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番
シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第3番~第3楽章
(アンコール)

庄司紗矢香さん目当てでチケットを買ったことは確かです。
e+で購入したチケットにも「庄司紗矢香ヴァイオリンリサイタル ピアノ:ジャンルカ・カシオーリ」と印字されていました。
しかし、入場の際に渡されたプログラム冊子の表紙には「庄司紗矢香 & ジャンルカ・カシオーリ デュオ・リサイタル」の表記。
そして、その通りに、 デュオの魅力いっぱいのコンサートになりました。
ピアノ伴奏付きのヴァイオリンの演奏ではなく、ヴァイオリンとピアノの二重奏。
庄司さんの演奏がいつものように素晴らしいのはもちろんですが、私の目と耳は、しばしばピアノの音と、カシオーリさんの姿に引き寄せられました。

ベートーヴェンのソナタ、特に「春」では、楽曲がピアノ優位の面もあるのか、カシオーリさんのピアノが目立つ場面も。
カシオーリさんのピアノを生で聴くのは、2000年のアバド/ベルリン・フィル来日演奏会で、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を聴いて以来。
なにぶん10年前ですので演奏の細部は覚えていませんが、好意的な印象はかすかに残っています。
この日のヴァイオリン・ソナタのピアノパートの演奏では、あまり前のめりにならず、節度を保ってクリアな音を紡いでいますが、メロディーの歌い回しはハッとするようなチャーミングな表情を見せていました。
カシオーリさんのピアノ、もっと聴いてみたくなりました。

素晴らしいパートナーを得て、庄司さんのヴァイオリンは、ピアノと一体となって自在に歌います。
真剣勝負のようでありながら、和気あいあいのようでもあり、聴いていて本当に気持ちよくなりました。
後半のブラームスの方が、楽曲としてはデュオの側面が強く、より劇的に弾かれた印象でした。

この日、私は、CDを買う予定も、サインをいただくつもりもありませんでした。
スター級の庄司さんがサイン会をするとは予想していなかったこともあります。
しかし、前半のベートーヴェンの演奏を聴いて休憩時間に入ると、この日演奏されない第2番と第9番「クロイツェル」が収録されているCDが、俄然、聴きたくなりました。
そしてCDを購入し、サイン会参加の権利を得たので、終演後は長蛇の列に並びました。
庄司紗矢香とカシオーリさん2人のサインを並べて、同じページに書いていただき、幸せいっぱい。
素晴らしいデュオ・コンサートの思い出になりました。

20101107

20101106vnp2

|

« アーノンクール/ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス(2010/11/03) | トップページ | メッツマッハー/新日本フィル(2010/11/07) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/49953788

この記事へのトラックバック一覧です: 庄司紗矢香(Vn)& カシオーリ(P)(2010/11/6):

« アーノンクール/ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス(2010/11/03) | トップページ | メッツマッハー/新日本フィル(2010/11/07) »