« デュトワ/N響(2010/12/18) | トップページ | 新国立劇場「トリスタンとイゾルデ」(2010/12/25) »

2010年12月20日 (月)

フルシャ/都響(2010/12/20)

2010年12月20日(月)19:00
東京文化会館

指揮:ヤクブ・フルシャ
東京都交響楽団
(第709回定期演奏会Aシリーズ)
(ヤクブ・フルシャ プリンシパル・ゲスト・コンダクター
就任披露公演)
ピアノ:ニコライ・ルガンスキー

リスト:交響詩「レ・プレリュード」
ショパン:ピアノ協奏曲第1番
ショパン:幻想即興曲(アンコール)
マルティヌー:交響曲第3番

いま話題のフルシャさんを初めて生で聴くことができました。
来日は初めてではありませんが、昨年までの演奏会は聴く機会がありませんでした。
CDでは、プラハ・フィルを指揮したスメタナの「わが祖国」を聴いたことがあります。
しかし、印象がさほどでもなかったので「大評判だけど、どんなもんだろう?」と半信半疑で会場に足を運びました。

しかし、その私の、やや斜に構えた姿勢は、一曲目から姿勢を正さざるを得ませんでした。
若くして風格の気配を感じさせる堂々たる指揮姿。
レ・プレリュードでは大河の流れのような悠然たる演奏。
そして、マルティヌーの3番で聴かせてくれた緊迫感のある厳しい音は、ホールのデッドな音響にもかかわらず…いや、デッドな音響だからこそ、突き刺さるように迫ってきました。
やはり評判通りの逸材のようです。

協奏曲では、ルガンスキーさんのピアノが、ホールの音響特性のせいか、いささか高音が強めに感じます。
でも、響きがデッドな分、くっきりと音の粒が聴こえた効用もある気がします。
基本的に即物的に弾きながらも、ところどころを絶妙に揺らす節の歌い回しは魅惑的。
ライヴならではの、ノッた演奏。
フルシャさんの指揮も、ショパンのオーケストレーションにもかかわらず、「伴奏」ではなく、「協奏」と感じられる堂々たるものでした。

この日は、帰宅後も就寝するまで、頭の中で、レ・プレリュードとマルティヌーが交互に鳴っていました。
こういう後味は本当に幸せです。

フルシャさんが来シーズン都響を振るのは、特別演奏会一回だけとのこと。
せっかく「プリンシパル・ゲスト・コンダクターに就任したのに…」という印象もあります。
でも。インバルさんの初年度が「え?これだけ?」という程度の回数だったことを思い起こして、2年後に期待したいと思います。
20101220

|

« デュトワ/N響(2010/12/18) | トップページ | 新国立劇場「トリスタンとイゾルデ」(2010/12/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/50362750

この記事へのトラックバック一覧です: フルシャ/都響(2010/12/20):

« デュトワ/N響(2010/12/18) | トップページ | 新国立劇場「トリスタンとイゾルデ」(2010/12/25) »