« 新国立劇場「トリスタンとイゾルデ」(2010/12/25) | トップページ | 2010年12月に鑑賞した演奏会・オペラ »

2010年12月29日 (水)

秋山和慶/東響(2010/12/29)

2010年12月29日(水)14:00
サントリーホール

指揮・チェンバロ:秋山和慶
東京交響楽団
(特別演奏会 第九と四季 2010)
ヴァイオリン:郷古廉廉
(ごうこすなお)
ソプラノ:アレクサンドラ・ラインプレヒト
メゾ・ソプラノ:清水華澄
テノール:ダニエル・キルヒ
バス:アッティラ・ユン
合唱:東響コーラス  
合唱指揮:安藤常光

ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」より「春」「冬」
ベートーヴェン:交響曲第9番
蛍の光
(アンコール)

この日は私は、出勤が年内最終日。
職場で軽食と飲み物による納会の後、正午で解散。
職場を出たその足でサントリーホールへ向かいました。
1年の仕事を終えて一気に気がゆるんだのか、1年の疲れがドッと出た体感。
脱力感を感じながら演奏を聴きました。
前半では、睡魔に襲われる瞬間も…。
しかし、第九の素晴らしい演奏にパワーをもらったのか、終演後、ホールを出るときは、すっかり元気になっていました。
音楽に解毒作用のようなものを経験するのは結構ありますが、この日もそうだったようです。

東響の「第九と四季」は、私は、比較的頻繁に聴いています。
客席には東響定期常連(おそらく定期会員)方のお顔も多く、演奏のレベルの高さは、知っている人は知っているものと思います。

私が一番最初に聴いたのは、(歳がばれますが)1985年。
簡易保険ホールが、まだクラシックの演奏会によく使われていた頃です。
そのときは「神聖な第九の後に、アンコール、それも、蛍の光を演奏するとは!」と、ちょっと気落ちした記憶があります。
でも、これだけ長く続くと、それも「伝統」。
ステージの照明が徐々に落とされていく中、色とりどりのペンライトの光が織りなす幻想的な音響空間は、いつしか私の中では「何度経験しても心を洗われるひととき」に変わりました。
ただ、今年は残念なことに、何度もフラッシュをたいて執拗に写真を撮る方々が…。
ほんの2~3人の方だけですが、全体に与える影響は大きいものがありました。

もっとも、私も、人様のことは言えません。
この日のうっかりミスは携帯電話の電源切り忘れ。
もちろんマナーモードにはしてありましたし、サントリーホール内は着信出来ないように電波を遮断するようになっているようですから実害はありませんでした。
しかし、こういう経験は過去に記憶がありません。
仕事納めで、よほどボンヤリしていたようです。

秋山和慶さんの第九は、毎年素晴らしい演奏で「すでに完成系に達している」と思っていましたが、まだ進化を続けているようです。
以前よりも金管やティンパニのアクセントが強めになった印象。
今年は、数カ所で微妙に音がずれたりして、このコンビの演奏にしては珍しいと思いましたが、それで価値の下がる演奏ではありません。
東響コーラスの澄んだ歌声も、例年のことではありますが、やはり素晴らしい。
最近の在京オケの「第九」では、プロの合唱団が歌うものも多く、そういうときは「さすがはプロ、この少人数でこのパワー」と感心するわけですが、アマチュアの東響コーラスは、人数は多いものの、一糸乱れぬハーモニーが大人数のハンディを感じさせません。
そして、当然、大人数のパワーがありますから、もう素晴らしいの一言。
東響コーラスのレベルの高さは前々から経験済みですが、何度聴いても感嘆させられるハイレベルな合唱です。

なお、休憩前に「四季」の「春」「冬」のソロを弾いた郷古さんは久しぶり(前回は2008年2月16日)に聴きました。
外見上は「大人になったなぁ」という第一印象。
それでも、まだハイティーンのはずです。
ときおり見せる劇的なスタイルは、前座の域は十分に超えていたと思います。
もっとも、前述のように、個人的な体調により、ときおり睡魔を感じながらの鑑賞でしたので、私には感想を語る資格はないかもしれません。

|

« 新国立劇場「トリスタンとイゾルデ」(2010/12/25) | トップページ | 2010年12月に鑑賞した演奏会・オペラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/50448465

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山和慶/東響(2010/12/29):

« 新国立劇場「トリスタンとイゾルデ」(2010/12/25) | トップページ | 2010年12月に鑑賞した演奏会・オペラ »