« 下野達也/読響(2011/1/22) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル(2011/2/8) »

2011年1月24日 (月)

シュトックハンマー/都響(2011/1/24)

2011年1月24日(月)19:00
東京文化会館

指揮:ヨナタン・シュトックハンマー
東京都交響楽団
(第711回定期演奏会 Aシリーズ)
サクソフォン:須川展也
ピアノ:永野英樹
ハープ:吉野直子

西村朗:サクソフォン協奏曲「魂の内なる存在」
ジョリヴェ:ハープと室内管弦楽のための協奏曲
西村朗:幻影とマントラ
ジョリヴェ:ピアノ協奏曲


「今日は月曜日だから、前半だけ聴いて帰ろうか」と思って行きましたが、目の覚めるような演奏で、帰るに帰れなくなり、最後まで聴いて、最後まで残って拍手をしてしまいました。
現代作品でも、指揮者が“指揮者の仕事”をすると、「音楽」として聴こえてくることに感激しました。

実を言うと私は、ジョリヴェの作品も、西村朗さんの作品も、今までにあまり面白いと思ったことがありませんでした。
しかし、それは“演奏”のせいだったのでしょうか?
それほど、この日の演奏は素晴らしかった。
開演前のプレトーク(西村朗さんと片山杜秀さんという、土曜日の読響のアフタートークにも登壇されていたお二人の対談)で、西村さんが「作品ではなく、演奏を聴いて下さい」と言っていましたが、まさに演奏の情熱で作品の輝きが増したことは確かだと思います。

指揮のシュトックハンマーさんは、現代作品の指揮でありがちな“スコアと格闘するような指揮ぶり”では全くなく、まるでマーラーやリヒャルト・シュトラウスの曲を振っているかのように表情豊かな手振りで西村さんの曲を振り、ドビュッシーやバルトークの曲を振っているかのように歯切れ良くジョリヴェの曲を振ります。
こういう曲目を軽々と指揮するシュトックハンマーさん、ただ者ではないようです。
その指揮にこたえる都響のサウンドは、インバルさんがブルックナーを振っているときのようにパワフル。
最後まで残って拍手していたお客さんは、インバルさんが指揮した演奏会のときのような拍手でした。

この日の曲目は、プレトークでも話しがあったように「3大協奏曲の夕べ」のような実力派ソリスト3人による3曲の協奏曲。
サクソフォンの須川さんの変幻自在な熱演。
ハープの吉野さんの繊細極まりない美演。
ピアノの永野さんの目まぐるしく豪快な、狂乱に近い演奏。
それぞれが、それぞれに実力を発揮。
それを支えるオケの存在感も負けてはいませんでした。

会場で座って聴いていた西村朗さんは、サクソフォン協奏曲の演奏の後はソロの須川さんと、オケ作品の「幻影とマントラ」の後は指揮のシュトックハンマーさんと抱擁。
表情は満面の笑顔。
今まで西村さんの曲の演奏で、作曲者がこれほど嬉しそうにしているのを(たまたまかもしれませんが)私は見たことがありません。

私が都響の1月定期を聴くのはこの日が初めて。
ベリオのシンフォニアのときとか、三善晃さんの作品のときとか、いや、それ以外にもチケットを買ったことは何度もあります。
しかし、1月という月は、風邪をひくか、出張が入るかで、ことごとくチケットを無駄にしてきました。
今回も、B定期も聴きたかったのですが、都合がつかず駄目でした。
それでも、この日のA定期だけでも聴くことが出来て良かったです。
「前半だけ聴いて帰ろう」と思っていたことなどすっかり忘れて、上機嫌で家路につきました。

201101024

|

« 下野達也/読響(2011/1/22) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル(2011/2/8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/50662249

この記事へのトラックバック一覧です: シュトックハンマー/都響(2011/1/24):

« 下野達也/読響(2011/1/22) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル(2011/2/8) »