« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の5件の記事

2011年1月24日 (月)

シュトックハンマー/都響(2011/1/24)

2011年1月24日(月)19:00
東京文化会館

指揮:ヨナタン・シュトックハンマー
東京都交響楽団
(第711回定期演奏会 Aシリーズ)
サクソフォン:須川展也
ピアノ:永野英樹
ハープ:吉野直子

西村朗:サクソフォン協奏曲「魂の内なる存在」
ジョリヴェ:ハープと室内管弦楽のための協奏曲
西村朗:幻影とマントラ
ジョリヴェ:ピアノ協奏曲


「今日は月曜日だから、前半だけ聴いて帰ろうか」と思って行きましたが、目の覚めるような演奏で、帰るに帰れなくなり、最後まで聴いて、最後まで残って拍手をしてしまいました。
現代作品でも、指揮者が“指揮者の仕事”をすると、「音楽」として聴こえてくることに感激しました。

実を言うと私は、ジョリヴェの作品も、西村朗さんの作品も、今までにあまり面白いと思ったことがありませんでした。
しかし、それは“演奏”のせいだったのでしょうか?
それほど、この日の演奏は素晴らしかった。
開演前のプレトーク(西村朗さんと片山杜秀さんという、土曜日の読響のアフタートークにも登壇されていたお二人の対談)で、西村さんが「作品ではなく、演奏を聴いて下さい」と言っていましたが、まさに演奏の情熱で作品の輝きが増したことは確かだと思います。

指揮のシュトックハンマーさんは、現代作品の指揮でありがちな“スコアと格闘するような指揮ぶり”では全くなく、まるでマーラーやリヒャルト・シュトラウスの曲を振っているかのように表情豊かな手振りで西村さんの曲を振り、ドビュッシーやバルトークの曲を振っているかのように歯切れ良くジョリヴェの曲を振ります。
こういう曲目を軽々と指揮するシュトックハンマーさん、ただ者ではないようです。
その指揮にこたえる都響のサウンドは、インバルさんがブルックナーを振っているときのようにパワフル。
最後まで残って拍手していたお客さんは、インバルさんが指揮した演奏会のときのような拍手でした。

この日の曲目は、プレトークでも話しがあったように「3大協奏曲の夕べ」のような実力派ソリスト3人による3曲の協奏曲。
サクソフォンの須川さんの変幻自在な熱演。
ハープの吉野さんの繊細極まりない美演。
ピアノの永野さんの目まぐるしく豪快な、狂乱に近い演奏。
それぞれが、それぞれに実力を発揮。
それを支えるオケの存在感も負けてはいませんでした。

会場で座って聴いていた西村朗さんは、サクソフォン協奏曲の演奏の後はソロの須川さんと、オケ作品の「幻影とマントラ」の後は指揮のシュトックハンマーさんと抱擁。
表情は満面の笑顔。
今まで西村さんの曲の演奏で、作曲者がこれほど嬉しそうにしているのを(たまたまかもしれませんが)私は見たことがありません。

私が都響の1月定期を聴くのはこの日が初めて。
ベリオのシンフォニアのときとか、三善晃さんの作品のときとか、いや、それ以外にもチケットを買ったことは何度もあります。
しかし、1月という月は、風邪をひくか、出張が入るかで、ことごとくチケットを無駄にしてきました。
今回も、B定期も聴きたかったのですが、都合がつかず駄目でした。
それでも、この日のA定期だけでも聴くことが出来て良かったです。
「前半だけ聴いて帰ろう」と思っていたことなどすっかり忘れて、上機嫌で家路につきました。

201101024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

下野達也/読響(2011/1/22)

2011年1月22日(土)18:00
サントリーホール

指揮:下野竜也
読売日本交響楽団
《第500回記念定期演奏会》
テノール:吉田浩之
合唱:新国立劇場合唱団
合唱指揮:冨平恭平

池辺晋一郎:多年生のプレリュード - オーケストラのために
(2010年度読売日響委嘱作品、世界初演)
リスト:ファウスト交響曲

この日は17:40開始のプレートーク、終演10分後からのアフタートーク終了が21:15と盛りだくさん。
私も、土曜日で余裕があったので、全て聴かせていただきました。

池辺晋一郎の新作は、プレトークで作曲者自身が「20世紀の音楽が“心”から“頭”に移って難しくなってしまったのを、21世紀は再び“心”に戻そうと思った」語っていたように、耳あたりの良い曲。
NHKの大河ドラマのテーマ曲のよう…と言ったら失礼かもしれませんが、わかりやすさは悪いことではありません。

プログラム冊子によれば、「越冬で地表に現れている部分が枯死しても、茎葉や根は生き続け、翌年再び萌芽して成長し、開花する植物が「多年生植物」とのこと。
作曲者自身「ひと言で言うなら“上へ上へ”という音楽」とい語っています。
尾高賞の対象になるような傑作かどうかはともかく、500回記念を祝うための音楽としては、ふさわしいテーマであり、良かったのではないでしょうか。

休憩後のファウスト交響曲のは、私が生で聴くのは30年ぶり。
前回は、1981年のサヴァリッシュ指揮のN響の演奏。
東京文化会館で聴きました。
NHK-FMでも生中継されました。
新聞か雑誌で音楽評論家の先生が「感謝はしたけど感動はしなかった」という辛辣な文章を書いていたのを懐かしく思い出します。
30年前とは言え、それくらい、とらえどころが難しい面のある曲であることは事実なのでしょう。

私も、LPで聴いていたバーンスタイン指揮の演奏をCDで買い直したりして、ときどき聴き直してきましたが、「とらえどころが難しい」という印象は持続していたものの、後の作曲家による、もっと複雑で多様な面を持った曲も数多く聴いたこともあり、以前ほど「得体の知れないもの」ということをあまり感じなくなったように思います。
ラトル指揮のCDなど、もう曲に引きずられるところなど無く、曲を見事にコントロールした力強い演奏でした。

この日の下野さんの演奏も、後の作曲家(マーラー、シェーンベルク、スクリャービン、ショスタコーヴィチなどなど)の先駆者としてのリストとして、純粋に、安心して楽しむことが出来ました。
どちらかというと、クリアーな音でスタイリッシュにまとめ上げた印象。
下野さんらしく、鳴らすところは全力で鳴らしていましたが、全般に、純度高く昇華した純音楽的ように感じました。
1969年生まれで21世紀に生きる下野さんと、21世紀のオーケストラである読響にとって、この曲は、もう、手強い相手などではなく、マーラーと同じようにレベルの高い演奏で表現できる対象だったことでしょう。
私たち聴衆も、演奏者の苦労の跡など感じない方が良いに決まっているので、本当に音楽そのものを楽しむことが出来ました。
特に、第2楽章は「ああ、こんなに美しい曲だったんだ…」と再認識。
最後の合唱が、マーラーの交響曲第8番の最後と同じ歌詞で歌われたときに、底知れぬ神秘感と高揚感は、マーラーの交響曲に興奮しているときに近い体感。
本当に幸せなひとときでした。

この日の合唱は、第3楽章の演奏中に、しずしずと入場。
新国立劇場合唱団の高レベルはいつも通り期待を裏切りません。
独唱者はP席後方での歌唱。
テノールの吉田さんも、張りのある伸びやかな声で会場を圧倒しました。

終演10分後に始まったアフタートークは盛りだくさんの内容でしたが
「全国民の中ではマイノリティーかもしれないが、“聴きたいと思ったときに、そこにある”ということが重要」
という存在理由や、
「名曲シリーズで珍しい曲を取り上げてひんしゅくをかっているが、“有名曲シリーズではなく、名曲シリーズでしょ”と開き直っています」
という下野さんの発言など、非常に面白く聴かせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

アリス=紗良・オット(2011/1/9)

2011年1月9日(日)14:00
横浜みなとみらいホール

ピアノ:アリス=紗良・オット

メンデルスゾーン:厳格な変奏曲Op.54
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」
ショパン:3つのワルツ「華麗なる円舞曲」Op.34
ショパン:ワルツ第6番「小犬」Op.64-1
ショパン:ワルツ第7番Op.64-2
ショパン:スケルツォ第2番Op.31
リスト:ラ・カンパネラ
(アンコール)
ベートーヴェン:エリーゼのために(アンコール)

3日前の東響定期で協奏曲を聴いて感銘を受けたアリス=紗良・オットさんのソロ・リサイタル。
アリスさんのCD、特にショパンのワルツ集は愛聴盤なので、めったにオーケストラ以外の演奏会に行かない私も、ついチケットを買ってしまいました。

東響定期でも感じたことですが、アリスさんのライヴでの演奏は、CDの比ではない高揚感。
ショパンのワルツのCDも十分に素晴らしいですが、生演奏では微妙な“揺らし”や足を踏み鳴らしての渾身の演奏など、会場をハッとさせたり圧倒したりする魅力があります。
メンデルスゾーン、ベートーヴェン、ショパンと、スタイルの違う作曲家ですが、最初から最後まで、「アリスさんの」ピアノ演奏。
自分のスタイルをすっかり確立し、統一感を持って自己主張できるピアニスト。
自己主張と言っても、独りよがりではなく、曲の良さ、作曲家の良さを十分に生かした演奏。
期待をはるかに上回る満足感で演奏を満喫しました。

迫力という点では、アンコールの「ラ・カンパネラ」が壮絶!圧巻!
この超絶な演奏の後には「どんな演奏が来ても驚かない」という雰囲気の会場の熱気を優しくクールダウンするような「エリーゼのために」も絶品。
初心者が練習に弾くこともある曲がこのような気品を持って奏されることに大いに感銘を受けました。

この日の聴衆は「ワルトシュタイン」の第1楽章が終わったところで拍手が起きる場面もありましたが、概ね集中力を持って静寂に聴き入る方々が大半でした。
しかし、休憩後の1曲目のワルツと最後のスケルツォで、2階RA辺りから、ビニールか何かをガサゴソする大きな音がホールに響き渡ったのだけは残念。
アリスさんも一瞬顔を上げたように見えましたが偶然でしょうか。

終演後のサイン会は、ものすごい人、人、人…。
私も、この日のために買うのを待っていたベートーヴェンのソナタのCDにサインしていただき、すっかりミーハー気分で会場を後にしました。

20110109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

飯森典親/東響(2011/1/6)

2011年1月6日(木)19:00
サントリーホール

指揮:飯森範親
東京交響楽団
(第585回 定期演奏会)
ピアノ:アリス=紗良・オット

《リスト生誕200年&マーラー没100年》
リスト:ピアノ協奏曲第1番
ショパン:ノクターン第20番
(アンコール)
マーラー:交響曲第1番「巨人」

アリス=紗良・オットさんの協奏曲のCDを「省エネ型の新しいタイプの演奏」と表現した評論家の先生の文章を新聞で読んだ記憶があります。
しかし、ライヴで聴いた印象はだいぶ違いました。

この日は、待ちに待った、初の“生”アリス=紗良・オットさん。
容姿優先のように語られることもありますが、ドイツ・グラモフォンのCDに起用されるだけのことはあって、演奏は高水準だと思っていました。
特に、ショパンのワルツ集のCDが素晴らしい。
今まで何度も来日していることは知っていましたし、その模様がテレビで放映されたのを見ていますが、私にとっては、ようやく巡ってきた機会。

CDでチャーミングに聴こえる音も、鳴らすところは結構豪快。
もちろん弱音部のニュアンスも素晴らしく大胆でいて繊細。
リストのピアノ協奏曲を改めてじっくり聴くと、「レ・プレリュード」を書いた人であり、「ファウスト交響曲」を書いた人であり、「ラ・カンパネラ」を書いた人であることがよくわかります。
その一筋縄にいかない、しかし時間的には短い協奏曲を、多彩な表現力を駆使して、見事に描ききったと思ういました。
アンコールのショパンのニュアンスも絶品でした。

後半のマーラーは、客席は沸いていました。
確かに、エキサイティングな演奏だったのは事実でしょう。
しかし、残念ながら、私の好みのタイプの演奏とは違っていました。
オケは力を振り絞っての熱演に近い力の入れようだったように見えましたが、いつもの東響の艶やかなサウンドは影を潜め、やや荒れ気味。
強引に引きずり回した印象がなくもない。
こんなに「うるさい」東響の音を聴くのは、本当に久しぶりかもしれません。
(ただ、年末の「第九と四季」で、いつもの秋山/東響らしからぬ“ほころび”を感じたのも事実です。)
以前、同じ指揮者とオケの組み合わせで、同じマーラーの7番を聴いたときも全く同じ印象だったので、もはや自分の感性との相性が良くないとしか言いようがありません。
(そういえば、あのときも、リストとマーラーでした。)

飯森さんは、以前、ヤナーチェクやヘンツェのオペラを演奏会形式で振ったときなど、とても好印象でしたし、どちらかと言うと好意的に見ている指揮者なので、なぜマーラーだけは私が受け付けないのか、よくわかりません。
前半のリストの協奏曲での、飯森さんの指揮するオケの演奏には、マーラーで感じたような印象は全く無く、好印象だったので、ますます自分の耳がわかりません。
最後は、私にしては珍しく、拍手を途中で切り上げて会場を後にしました。

ともあれ、念願のアリス=紗良・オットさんの弾く協奏曲とソロが良い演奏で聴けたので、会場に足を運んだ甲斐は十分にあったと思います。

20110106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

新国立劇場「トリスタンとイゾルデ」(2011/1/4)

2011年1月4日(火)14:00
新国立劇場オペラパレス

ワーグナー:「トリスタンとイゾルデ」

シーズン中に同一演目を2回鑑賞するのは、新国立劇場では初めての経験です。
オケの音は初日よりもかなり練れてきている印象。
この日の東フィルは、まるでチューリッヒ歌劇場のオケのようでした。
初日だって十分に良かったと思いますが、今日はその上を行く十二分の出来。
歌手も含めて緊迫感は初日の方があったような気もしますが、細部の完成度や余裕度は、回を重ねたこの日の方が素晴らしかったと思いました。
初日の歌手、特にトリスタン役のグールドさんの神がかったような歌唱は、この日の余裕を持った歌唱では見られませんでしたが、それでも十分。
ブランゲーネ役のツィトコーワさんは、この日の方が迫力があったように感じました。
もっとも、それは聴く側の思い入れ、あるいは席の違いによるものかもしれません。

この日はオーケストラピットの中を見るために奮発して2階サイドの座に座りました。
しかし、意に反して、数列前の人の頭がちょうど私の視線の先の指揮者の位置をさえぎり、大野さんの姿はときどきしか見えず、残念。
でも、その前の人の頭の陰からときどき見える大野さんの棒は、常に振りっぱなしではなく、まさに緩急自在の印象。
でも、軽く振っているだけのときも、オケは素晴らしい美音を奏でる。
そして、ここぞというところでの手の動きは、まるで千手観音のよう。
微弱音も雑にならず、まさに陶酔のひとときでした。

ただ、第1幕で、船が接岸するときに、ベリベリッと音を立てたのは初日はなかったように記憶しています。

あと、第3幕で、オーケストラピットの中で何かあったようで、オケのメンバーが出たり入ったり。
ネット上の情報では、奏者の一人が失神されたとの噂も。
そんな出来事があって聴き手は多少集中力がそがれましたが、さすがにプロ集団だけあって、音楽の方は全く弛緩することなく進んだように思います。

「新国立のオペラは、初日よりも、回を重ねた後の方が、特にオケの音の完成度が高まる」という噂を聞いたことがあります。
常にそうかどうかはわかりませんが、少なくとも今回の私の聴き比べに限っては、初日より3回目のこの日の方が上。
カーテンコールの回数も初日より多いし、会場の沸き具合もしかり。
残りの公演のチケットは持っていないので確かめようもありませんが、きっと素晴らしい上演になるでしょう。

なお、この日の公演は、皇太子殿下が御来場になりました。
開演前に場内アナウンスがあり、御入場の際には客席が明るく照らされ、2階R1列のあたりに陣取った報道カメラマンからフラッシュの光。
ちなみに皇太子殿下が座られたのは1階中央通路の後方。
両脇を理事長とオペラ監督がエスコート。
ネットニュースなどの写真を拝見すると、かなりの距離があるところから撮ったとは思えない写真。さすがはプロのカメラマンと感心。
デジカメでフラッシュをたく素人とはエライ違いです。

スタッフ
【指揮】大野和士
【演出】デイヴィッド・マクヴィカー
【美術・衣裳】ロバート・ジョーンズ
【照明】ポール・コンスタブル
【振付】アンドリュー・ジョージ

キャスト
【トリスタン】ステファン・グールド
【マルケ王】ギド・イェンティンス
【イゾルデ】イレーネ・テオリン
【クルヴェナール】ユッカ・ラジライネン
【メロート】星野淳
【ブランゲーネ】エレナ・ツィトコーワ
【牧童】望月哲也
【舵取り】成田博之
【若い船乗りの声】吉田浩之

【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

201101041

201101042

201101043

201101044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »