« ブリュッヘン/新日本フィル(2011/2/16) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル(2011/2/19) »

2011年2月17日 (木)

フェドセーエフ/東フィル(2011/2/17)

2011年2月17日(木)19:00
東京オペラシティ・コンサートホール

指揮:ウラディーミル・フェドセーエフ
東京フィルハーモニー交響楽団

(第60回東京オペラシティ定期シリーズ)

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
チャイコフスキー:組曲第3番

(第4曲は、変奏1~6、12を演奏)
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」
(ヴァイオリン・ソロ:荒井 英治)

うがった見方をすれば「練習時間の配分に差があったのかな」という印象になるのですが、終わり良ければ全て良し。
「シェエラザード」の2曲目辺りから管楽器のニュアンスに艶が乗り、後ろへ行けば行くほどヒートアップ。
どっかんどっかん鳴らしてはいましたたが、さほど荒くはならず。
結果的には大いに満足して家路につくことが出来ました。

演奏会前半は「フィガロの結婚」序曲はまあ良いとして、チャイコフスキーの組曲第3番は、管楽器のニュアンスに、私としては多少不満。
まあ、練習時間の差でしょうか…。
プログラム冊子に挟まれた紙片によれば、終曲(第4曲)は途中カットしての演奏。
しかし、その紙片に気がついたのは休憩時間で、この曲を聴くのはCDも含めて本当に久しぶりだったので、曲の構成には全く違和感を感じずに聴きました。

「シェエラザード」におけるコンサートマスター荒井さんのソロはさすが。
音程が不安定になることなく、かなり細やかな表情をつけ、微弱音から強奏まで多彩な音色で、会場は針の落ちる音も聞こえるのではないかというくらい集中して、ソロに耳をすませました。

オーケストラが引き上げた後も拍手がやまず、ソロ・カーテンコールに登場したフェドセーエフさんは、荒井さんの腕をがっちり組んで一緒に舞台に連れ出していました。
確かに、それだけの賞賛を受けるにふさわしいソロでした。

そうそう、この日は「シェエラザード」が静かに消えて行った後、フェドセーエフさんが力を抜き、両手をおろすまで静寂が保たれましたた。
静寂の中の蛮声のブラボーもなく、拍手が盛り上がってからの嵐のようなブラボー。
こういう演奏会は後味がとても良いです。

先日のサントリーホールでの演奏会に続いて、これまでずっと避けてきたフェドセーエフさんの指揮する演奏を2回聴くことができました。
これまで私が抱いていたフェドセーエフの(あまり良くなかった)イメージ(認識)を変えることができ、本当に良かったです。

|

« ブリュッヘン/新日本フィル(2011/2/16) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル(2011/2/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/50915366

この記事へのトラックバック一覧です: フェドセーエフ/東フィル(2011/2/17):

« ブリュッヘン/新日本フィル(2011/2/16) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル(2011/2/19) »