« カンブルラン/読響(2011/4/24) | トップページ | 金聖響/神奈川フィル(2011/4/29) »

2011年4月28日 (木)

阪哲朗/東京シティ・フィル(2011/4/28)

2011年4月28(木)19:00
東京オペラシティ・コンサートホール

指揮:阪哲朗
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

(第248回定期演奏会)
チェロ:遠藤真理

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
ドヴォルザーク:交響曲第8番
ビゼー:「アルルの女」第1組曲~アダージェット
(アンコール)

オケのサウンドにさらなる磨き上げが欲しい気持ちは、私の頭の中の補正回路でも消すことは出来ませんでした。
弦楽器だけのときのハーモニーも、管が加わったときのハーモニーも、いろいろ望みたいこともあった演奏ではありました。
でも、交響曲の熱演が、楽しく聴けたことも事実です。
それが爆演にならず、情感を保って演奏されたことは良かったと思います。
フルートやオーボエの息の長いフレーズも、首尾一貫して感情がこもっていました。

その演奏を聴いた後で前半の協奏曲を振り返ると、残念ながらバックのオケは、もう少し頑張ってほしかったところ。
どうしても「交響曲であそこまで出来るのなら…」と思ってしまいます。
事実、以前、飯守泰次郎さん指揮、新倉瞳さんのソロで同じ曲を聴いたときは、もっと良かった気がします。
独奏の遠藤真理さんのチェロは好感でした。
情熱のほとばしる力演ながら、乱暴にならずコントロールされた美しい音色。
8月の読響の「サマーフェスティバル三大協奏曲」でもまた弾きますので、もう一度聴いてみたいと思いました。

ドヴォルザーク2曲の後には、アンコールとして「アルルの女」第1組曲から「アダージェット」が演奏されました。
特にアナウンスもなく演奏されたので意図は不明。
ついつい「震災の…」と思ってしまうのは、4月中、短い静かな曲を何度も聴いてきたせいでしょう。
静かに音が消えていった後、会場はしばしの静寂。
熱気を優しくさますような、後味の良い演奏会のエンディングでした。

20110428

|

« カンブルラン/読響(2011/4/24) | トップページ | 金聖響/神奈川フィル(2011/4/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/51519485

この記事へのトラックバック一覧です: 阪哲朗/東京シティ・フィル(2011/4/28):

« カンブルラン/読響(2011/4/24) | トップページ | 金聖響/神奈川フィル(2011/4/29) »