« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の8件の記事

2011年4月29日 (金)

金聖響/神奈川フィル(2011/4/29)

2011年4月29日(金・祝)14:00
昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ

指揮:金聖響
神奈川フィルハーモニー管弦楽団

(川崎・しんゆり芸術祭 - アルテリッカしんゆり
オープニングコンサート)
ピアノ:小山実稚恵

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

この1367席のホールは、私は2回目ですが、こじんまりとした雰囲気の良い空間です。
被災したミューザ川崎の代替で東響川崎定期の会場にもなっています。
基本的に“劇場”なので、コンサートホールに比べるとやや残響は少なめかもしれませんが、席によって変わるかもしれないので、断言は出来ません。
2階席、3階席が馬蹄形にならんではいますが、ホール自体の形状は、シューボックスに近いと思います。

よそ者の私がもぐりこんだ、地元の皆さんのための川崎・しんゆり芸術祭 - アルテリッカしんゆり。
クラシックだけでなく、落語あり、ジャズあり、そして小川典子さんのピアノ・リサイタルに、最後は藤原歌劇団の「ルチア」と多岐に渡るラインナップ。
私はさすがにこの日のオープニング・コンサート1回だけの鑑賞ですが、この劇場でオペラを聴いたら、本当に素晴らしそうです。

ただ、この日は、開演に先立って、オープニングセレモニーとして、実行委員長と川崎市長の挨拶が始まり、さらには、司会者が、市会議員、地元選出の衆議院議員も来場していると紹介。
川崎に避難している被災者を招待しているとも。
その間10分ほど。
会場からはさかんに拍手が起きていましたが、よそ者の私にとっては「音楽会に来た」という気分を少し損ねたことは偽らざる心境です。

それはともかく、音楽自体は力のこもった、心躍らされるような演奏でした。
金聖響さんのベートーヴェンは、完全なるピリオド奏法ではないと思いますが、メリハリをつけて金管が強奏し、ティンパニが強打する気持ちの良い演奏。
遠目だったので定かではありませんが、バロック・ティンパニが使用されていたかも。
第1ヴァイオリンが10人という小編成で、ホルンも3人。
金聖響さんの指揮は、全身と、細かく激しい腕さばきで、力強く推進力のある音楽を表現していました。

それにしても神奈川フィル、先日のマーラーの7番のときにも感じましたが、以前に比べてずいぶんうまくなった気がします。
木管のフレーズなど、以前とは格段の違い。
シュナイトさんの遅めのテンポよりも、金聖響さんのきびきびとした音楽の方が、神奈川フィルには合っているのかな?

前半の小山実稚惠さん独奏の「皇帝」は、個人的な体調の問題で、私は眠気との戦いだったのでコメントする資格はありません。
3階サイドのバルコニー席だったせいか、ピアノの音がややきつめに聞こえました。
もちろん、違う席で聴いたら、違う印象だった可能性も十分にあります。

それから今日の神奈川フィルのコンサートマスターは、石田さんではありませんでした。
遠目からも大工の棟梁みたいに見える雰囲気は「都響の山本さん?」と思っていたら、やはり、山本友重さんとのことでした。
しかも、神奈川フィル主席チェロの山本裕康さんの弟さんとのこと。
お二人が御兄弟とは存じ上げませんでした。
いつか、兄弟共演でブラームスの二重協奏曲を聴いてみたいものです。

20110429

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

阪哲朗/東京シティ・フィル(2011/4/28)

2011年4月28(木)19:00
東京オペラシティ・コンサートホール

指揮:阪哲朗
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

(第248回定期演奏会)
チェロ:遠藤真理

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
ドヴォルザーク:交響曲第8番
ビゼー:「アルルの女」第1組曲~アダージェット
(アンコール)

オケのサウンドにさらなる磨き上げが欲しい気持ちは、私の頭の中の補正回路でも消すことは出来ませんでした。
弦楽器だけのときのハーモニーも、管が加わったときのハーモニーも、いろいろ望みたいこともあった演奏ではありました。
でも、交響曲の熱演が、楽しく聴けたことも事実です。
それが爆演にならず、情感を保って演奏されたことは良かったと思います。
フルートやオーボエの息の長いフレーズも、首尾一貫して感情がこもっていました。

その演奏を聴いた後で前半の協奏曲を振り返ると、残念ながらバックのオケは、もう少し頑張ってほしかったところ。
どうしても「交響曲であそこまで出来るのなら…」と思ってしまいます。
事実、以前、飯守泰次郎さん指揮、新倉瞳さんのソロで同じ曲を聴いたときは、もっと良かった気がします。
独奏の遠藤真理さんのチェロは好感でした。
情熱のほとばしる力演ながら、乱暴にならずコントロールされた美しい音色。
8月の読響の「サマーフェスティバル三大協奏曲」でもまた弾きますので、もう一度聴いてみたいと思いました。

ドヴォルザーク2曲の後には、アンコールとして「アルルの女」第1組曲から「アダージェット」が演奏されました。
特にアナウンスもなく演奏されたので意図は不明。
ついつい「震災の…」と思ってしまうのは、4月中、短い静かな曲を何度も聴いてきたせいでしょう。
静かに音が消えていった後、会場はしばしの静寂。
熱気を優しくさますような、後味の良い演奏会のエンディングでした。

20110428

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

カンブルラン/読響(2011/4/24)

2011年4月24日(日)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:シルヴァン・カンブルラン
読売日本交響楽団

(第47回みなとみらいホリデー名曲シリーズ)

モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」
ヤナーチェク:狂詩曲「タラス・ブーリバ」
スメタナ:連作交響詩「わが祖国」より交響詩「モルダウ」
ヤナーチェク:シンフォニエッタ

モーツァルトのプラハに続いて、スメタナのモルダウをヤナーチェク2曲ではさんだ、これまた洒落た選曲。
モルダウもそうですが、特にヤナーチェク、中でも最後のシンフォニエッタのめくるめく色彩感に圧倒されっぱなしでした。
「これ、ダフニスとクロエの一部だよ」と言われても、うなずいてしまいそうな音響でした。

モルダウは事前に「速い」と聞いていたので、さほど驚かずに純粋な器楽曲として楽しめました。
民族色の片鱗も感じさせず、ビシッと流行のファッションを身にまとい、大都会をさっそうと歩くようなスメタナとヤナーチェク。
聴いていて「ラヴェル編曲」と言葉を挿入したいくらい格好の良いサウンド。

モーツァルトのプラハは(去年のハイドンも)ピリオド系ではなく普通の演奏。
それでいて古さを全く感じさせず、はつらつとした響きが心地良い。
奏法どうこうよりも、良いものは良い、ただそれだけ。
動画配信されている去年のジュピターともども、モダンオケによる現代のモーツァルトの理想系のひとつかもしれません。

帰りの電車の中では、頭の中でずっと、シンフォニエッタのサウンドがこだましていました。
こういう後味の良い、音楽に没頭できた演奏会は、本当に命の洗濯だと思います。
それにしてもカンブルランさん、おそるべし。
何しろ、やる気が並大抵ではない。
読響は本当に良い指揮者を常任に迎えたと思います。
カンブルランさんはインタビュー(日経)で、今シーズンの名曲路線を「自分のレパートリーを洗い直す」と、自ら望んだことを強調していたそうですが、この本気モードなら通いつめたい…と思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

金聖響/神奈川フィル(2011/4/23)

2011年04月23日(土)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:金聖響
神奈川フィルハーモニー管弦楽団

(第271回定期演奏会)

バッハ:(G線上の)アリア
マーラー:交響曲第7番「夜の歌」

神奈川フィルを聴くのはシュナイトさんの音楽監督退任のとき以来久しぶり。
よって論評する資格は私にはありませんが、あの頃に比べてオケの技量、アンサンブル、ハーモニーが格段に向上した印象でした。
それはおそらく、大編成のためのエキストラの奏者の技量に頼ったものではないと思います。
特に弦楽器のハーモニーの美しさ。
以前だったら、恐る恐る音を出しているように聞こえた管楽器の、自信に満ちあふれた堂々たる響き。
大きく変貌した神奈川フィルの姿でした。

この日は、演奏会の冒頭に震災の被災者にささげるバッハのアリア。
事前に金聖響さんが「拍手は御遠慮下さい」と言ったのに、拍手を始めてしまった人が少なからず居たのは残念でしたが、演奏そのものは素晴らしく、整ったアンサンブルでしめやかに、いつくしむように、心にしみいるように聴かせていただきました。

群響や都響、あるいはメシアンを演奏した読響の演奏会では、“献奏”の後、奏者はいったん舞台袖に下がり、再び入場していましたが、この日の神奈川フィルのステージでは、金聖響さんだけが下がり、弦楽器奏者はそのままで管楽器奏者、打楽器奏者が入場。
再度チューニングをした上で、本編が始まりました。

マーラーの7番は曲自体は結構複雑な面があり、演奏すれば必ず名演…とは限らないと思います。
しかし、演奏が始まった瞬間、不安は払拭されました。
金聖響さんは、多彩な棒さばきで全体を調和させて響かせるとともに、各部分をも、くっきりと浮かび上がらせ、なかなか見事な構築物を築き上げたと思います。
神奈川フィルの各奏者も、コンサートマスターの石田さんを始め、皆、身体を大きく揺らしての熱演で、終演後の会場は盛大なブラボーが飛び交いました。

神奈川フィルの大健闘の演奏には大いに満足しましたが、近くの席の人が大きな音をたててスコアをめくっていたのが耳障りで、それだけは残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

カンブルラン/読響(2011/4/18)

2011年4月18日(月)19:00
サントリーホール

指揮:シルヴァン・カンブルラン
読売日本交響楽団
(第503回定期演奏会)
ピアノ:ロジェ・ムラロ

メシアン:「交響的瞑想 - 忘れられた捧げ物 -」
     ~第三部「聖体」
プロコフィエフ:バレエ音楽「ロミオとジュリエット」から抜粋
ラヴェル:ピアノ協奏曲
ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲
メシアン:プレリュード
(アンコール)
ラヴェル:ボレロ

無造作に並べたわけではなく、なかなか洒落た選曲。
この世相の中、わざわざ予定を早めて来日てくれた常任指揮者を、心底、頼もしく思いました。
ボレロまでの道のりは盛りだくさんの内容でしたが、長さを全く感じることなく堪能しました。

演奏会の冒頭に震災の犠牲者のために演奏されたメシアン。
ありきたりでないこういう曲を持って来るあたりが、カンブルランさんのの面目躍如。
拍手なしでいったん舞台から全員が去った後は名曲プログラムですが、常任指揮者が定期で読響を振れば、凡庸な演奏になるわけがありません。
ロメオとジュリエットからして、迫真の快演。
タイボルトの死から、ジュリエットの墓の前のロメオは、悲愴交響曲の第3、第4楽章のようなコントラストでした。

ラヴェルのピアノ協奏曲は、休憩を挟んで両手、左手の順。
この2曲を一晩に聴く機会はさほど多くないかもしれません。
ムラロさんの風貌は、長身の体型も含めて指揮者のカリニャーニさんに似ていなくもない?
自分が弾いていないときは始終オケの方を見て、いかにも一心同体で演奏しているかのよう。
左手のときも、右手はじっとしていなくて、ときどきいまにも弾きだしそうなくらい鍵盤に接近。
会場の熱狂を優しくなだめるように静かに演奏されたアンコールは、カンブルランさんも舞台上で立って一緒に鑑賞していました。

ボレロは香しい芳香に始まり、上質の手触りの布のような極上の響きを経て、最後は凄まじい迫力の咆哮。
ふわっと音が浮かび上がるときのニュアンスが絶品だと思いました。

カンブルランさんは事前のインタビュー(日本経済新聞掲載)でボレロについて、長い反復の後に激変する様子は暗示的…というようなことを語っていたそうですが、なるほど、そういう見方もあるのかと思いました。
これが不変の真理ではないかもしれませんが、少なくとも今の日本にとっては無視できない観念かもしれません。
読響で言えば、3月のエヴァ・メイ・オペラアリアの夕べの幸福に満ちた日のわずか3日後に日本は激変しました。
永遠に続くと思えた、東洋の音楽の都の日常は、一変してしまいました。
来るのが当たり前だと思っていた音楽家の相次ぐキャンセル。
でも、読響常任指揮者は、来てくれました。

この日の読響定期の座席は、かなり埋まっていて喜ばしい限りです。
たぶん本当に残券僅少状態でしょう。
開演前のホールにはキャンセル待ち?の列ができていました。
読響の場合「完売でも行ってみると空席多数」ということが少なからず経験していますが、今シーズンは本当に売れ行きが良いのだろうと想像しました。

ともあれ、音のご馳走をたらふく食べさせてくれて、それでいて、胃もたれも全く感じさせない一流シェフ、カンブルランさんに、心より「ごちそうさまでした」と申し上げたい演奏会でした。

201104181

201104182

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

大友直人/東響(2011/4/16)

2011年4月16日(土)18:00
サントリーホール

指揮:大友直人
東京交響楽団
(第588回定期演奏会)
クラリネット:ポール・メイエ

シェーンベルク:室内交響曲第1番(オーケストラ版)
モーツァルト:クラリネット協奏曲
モーツァルト:クラリネット協奏曲~第2楽章
(アンコール)
ラヴェル:ボレロ

今シーズンの東響定期は、シェーンベルク・ツィクルスで、毎回、シェーンベルクと有名な曲を組み合わせるという折衷案のような選曲。
でも、これが聴いてみると意外に楽しくて嬉しくなりました。
いわば、知的好奇心で前半を聴き、安心感で後半を聴くという取り合わせ。
このコントラストが体感上心地良い。
これは今後も楽しみです。

一曲目のシェーンベルクの室内交響曲第1番は、プログラム冊子によると、作曲者自身による大管弦楽への編曲版での演奏とのこと。
打楽器は入っていません。
例のブラームスのピアノ四重奏曲の編曲版にも通じるサウンドのようにも聞えましたが、なかなか変化に富んでいて面白い曲。
「ペレアスとメリザンド」などよりは、私はこの曲の方が、はるかに楽しいです。
大友さんの見通しの良いスッキリした音づくりも好感でした。
聴衆は、シェーンベルクなのに、かなり盛大な拍手で、ちょっとびっくり。
そういう私も、熱くなって拍手している自分に驚きました。

この世相の中、約束通り来日してくれたポール・メイエさんを独奏に迎えたモーツァルトのクラリネット協奏曲は、モダン楽器による典型的な演奏。
それでも、両端楽章のやや速めのテンポが古さを感じさせない爽快な演奏でした。
豊かなオケの響きに乗って、これまた豊かな音のソロが歌い、はじける。
アンコールの第2楽章は、再び美しさの極みでした。

最後のボレロは、一部のソロに瑕疵はあったものの、速めのテンポの洗練されたサウンドは、かつてのデュトワのCDを思わせる面もあったかな?
でも、繊細というよりは、中細くらいの筆で描いた感じ。
最後の強奏でのスケールの大きさが印象的でした。

この日は特に儀式も無く、普通の定期らしい定期で、内心ホッとしたことも事実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

アツモン/都響(2011/4/14)

2011年4月14日(木)19:00
サントリーホール

指揮:モーシェ・アツモン
東京都交響楽団
(第714回定期演奏会Bシリーズ)
ヴァイオリン:竹澤恭子

バッハ:(G線上の)アリア
エルガー:ヴァイオリン協奏曲
ブラームス:交響曲第2番

アツモンさんの指揮を生で聴くのは、なんと1980年以来の31年ぶり。
もっとも、都響客演自体が18年ぶり?とのことです。

会場に入ると、ふだんとは趣が異なり、照明がかなり暗めになっています。
そのまま明るくならずに楽員さんたちが舞台上に登場し、チューニングなしのまま、アツモンさんが登場。
通訳を通して「震災の犠牲者のためにG線上のアリアを演奏する」「演奏後、1分間の黙祷をする」とのスピーチ。
沈痛ながらも、癒してくれるような清らかな響き。
拍手をしかけた人も2~3人いましたが、すぐに静寂に戻りました。
アツモンさんが楽員さんを起立させると、言われなくても会場の聴衆も起立。
黙祷の後、拍手無しで指揮者も楽員さんも舞台から、いったん去りました。

そこでようやく舞台上は明るくなり、再び楽員さんたちが戻り、チューニング。
黒いドレス姿の竹澤恭子さん登場。
強い感情に支配された、むせび泣くような演奏に聴こえましたが、それは私の思い込みのせいでしょうか?
エルガーというと、英国の紳士のような上品さ香りたつような印象がありますが、それとは違った、エルガーの別の面を見せてくれたように感じました。
熱演に会場も盛大な拍手。
この大曲の後にアンコール曲は不要。
聴感上、非常に後味の良い休憩時間となりました。

後半のブラームスは、硬質のサウンド。
まるでショスタコーヴィチのような、ときには幻想交響曲のような、そんな印象のブラームスの交響曲第2番。
私の好みからすると、これほど硬質なブラームスはやや苦手な部類。
でも、今の日本に来てくれた感謝を込めて、最後まで残って拍手をしました。
舞台上方につるされた透明な反響板が、ゆれを警戒してか、かなり高い位置にあったことも音響に影響したかもしれません。

ロビーには、いつもの都響の演奏会のように、プログラム冊子のバックナンバーが置いてありました。
近寄ってよく見ると、中止になった3月号が…。
ちょっと迷いましたが、いただいてきました。
でも、パラパラとめくって見ると、心底楽しみにしていた、中止になった演奏会が…。
インバルさんの顔写真、庄司紗矢香さんの顔写真…。
やっぱり、これを見るのはちょっとつらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

新国立劇場「ばらの騎士」(2011/4/10)

2011年4月10日(日)14:00
新国立劇場オペラパレス

R.シュトラウス:
ばらの騎士

本来、新日本フィル音楽監督のアルミンクさんが手兵を振るはずだったこの公演。
震災後の情勢はあるにせよ、私にとっては、まさかのキャンセルでした。
私にしては高価な“ピットの中が見える席”を買っていただけに、それは、それは、残念でした。

歌手陣もキャンセル多数。
失望する気持ちと、日本人の底力を見せて欲しいという気持ちが半々。
特に、安井陽子さんが歌うのは、嬉しい配役でした。

代演の指揮は、私は名前を存じ上げていませんでしたが、マイヤーホーファーさんという方。
プロフィールを拝見した印象では、オペラ畑の職人指揮者という位置づけでしょうか。
指揮の手さばきは、かつてのサヴァリッシュさんのように細かいかも。
激しかったり優美だったり、変幻自在で、なかなか多彩。
音楽が目に見えるようで、観ていて楽しい。
とりあえず結果オーライでお釣りが来た感じでした。
確かにカリスマ的な方ではないかもしれませんが、このような“総崩れ”になりかけた急場を救うには、良い人選だったかもしれません。

オケはさすがに新日本フィルだけあって洗練されたサウンド。
歌手も含めて出だしは少し硬かったかもしれませんが、流れ出したら、あとは順調。
第1幕で「レパートリー公演にしては上々」などと思って観ていましたたが、第2幕、めちゃくちゃ素晴らしいではないですか!
崔さん、西江さんのコンサートマスター2人が揃った新日本フィルのサウンドも極上。
強奏でも騒々しくならず、歌うところは限りなく優美。
このプロダクションは、新制作のときにもペーター・シュナイダーさんの指揮で観ましたが、オケの奏でる音は、今日の方が、はるかに素晴らしく思えました。

終演後のオックス男爵役のハヴラタさんへの凄まじいブラボーの嵐は当然のこと。
キャンセルせずに来日したことはみんな知っています。
でも、それだけではありません。
歌、演技ともに堂々の存在感でした。

力強い声を響かせてくれた元帥夫人役のベーンケさん、そして指揮のマイヤーホーファーさんへのブラボーも盛大。
日本人ではやはりゾフィー役の安井陽子さんに盛大な拍手が贈られていました。

オクタヴィアンもゾフィーも、歌唱に専念したのか、演技は少しぎこちないところが無かったとは言えません。
あえて欲を言えば、二人の二重唱の姿が、ときどき棒立ちに近い姿勢になるのが(もしかして第2幕はプロンプターさんが活躍?気のせいかな?)気にはなりましたが、まあ、初日の公演を中止して練習する事態だったことを考えれば、許容範囲でしょう。
「よくぞ、ここまで建て直して上演した」という感慨で、第3幕はちょっと目がしらが熱くなりました。
ともあれ、急ごしらえとは思えない質の高い上演だったと思います。

スタッフ
【指揮】マンフレッド・マイヤーホーファー
【演出】ジョナサン・ミラー
【美術・衣裳】イザベラ・バイウォーター
【照明】磯野睦

【元帥夫人】アンナ=カタリーナ・ベーンケ
【オックス男爵】フランツ・ハヴラタ
【オクタヴィアン】井坂惠
【ファーニナル】小林由樹 
【ゾフィー】安井陽子
【マリアンネ】黒澤明子
【ヴァルツァッキ】高橋淳
【アンニーナ】加納悦子
【警部】長谷川顯
【元帥夫人の執事】小貫岩夫
【ファーニナルの執事】経種廉彦
【公証人】晴 雅彦
【料理屋の主人】加茂下稔
【テノール歌手】水口聡
【帽子屋】國光ともこ
【動物商】土崎譲

【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】新日本フィルハーモニー交響楽団

20110410

20110410_2

20110410_3

20110410_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »