« ウルバンスキ/東響(2011/6/11) | トップページ | 新国立劇場「蝶々夫人」(2011/6/15) »

2011年6月15日 (水)

ハーディング/新日本フィル公開リハーサル(2011/6/15)

2011年6月15日(水)10:30
すみだトリフォニーホール

指揮:ダニエル・ハーディング
新日本フィルハーモニー交響楽団

(公開リハーサル)

ブルックナー:交響曲第8番より

平日の日中ですので、私は有給休暇取得しての参加です。
でも、平日なのにずいぶん多い聴衆。
ブリュッヘンさんの公開リハーサルのときよりはるかに多い。
3月11日の大震災当日の演奏会(私は帰宅難民として勤務先で一夜を明かしたので、噂に聞いただけですが)よりも、客席の入りは、はるかに多いのではないでしょうか。

練習曲目はブルックナーの第8番。
新日本フィルのツイッターによると、ハーディングさんがこの曲を演奏会で指揮するのは今回が初とのことです。

10:30開始で第1楽章をみっちりやって1時間。
オケは気合いの入った演奏で、素人の私にはもう完成されているように聞こえますが、ハーディングさんは何度も何度も止めて、妥協せずに直していく。
11:30から15分の休憩に入りましたが、あっという間の1時間でした。

休憩時間も(それ以前に、10:30の練習開始前も)舞台上は真剣に個人練習する楽員さんの音で飽和状態。
相当に気合いが入っています。
休憩後、11:45からは第2楽章…と思いきや、まだ第1楽章を30分くらい練習してから第2楽章へ。
ところどころでパートだけ弾かせたりしながら細部までの相当のこだわりぶり。
練習でこれだけの音が出ているのだから、本番は興奮確実です。
12:45に第2楽章の途中で休憩に入り、公開リハーサルはここまで。
圧倒されるリハーサルでしたた。
仕事を休んで出かけた甲斐がありました。

20110615

|

« ウルバンスキ/東響(2011/6/11) | トップページ | 新国立劇場「蝶々夫人」(2011/6/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/51952506

この記事へのトラックバック一覧です: ハーディング/新日本フィル公開リハーサル(2011/6/15):

« ウルバンスキ/東響(2011/6/11) | トップページ | 新国立劇場「蝶々夫人」(2011/6/15) »