« 錦織健&東響(2011/5/31) | トップページ | デミジェンコ(P)(2011/6/4) »

2011年6月 3日 (金)

飯守泰次郎(レクチャー)(2011/6/3)

2011年6月3日(金)19:00
森下文化センター・2階多目的ホール

飯守泰次郎による
チャイコフスキー・レクチャー

(主催:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団)

飯守泰次郎ピアノ・リサイタル…ではなくて、…でも、それに近かったかも…。

今シーズンの東京シティ・フィルは、飯守泰次郎さんの指揮でチャイコフスキー交響曲全曲を演奏。
それに先だって、飯守泰次郎によるレクチャーが開催されました。

最初、チャイコフスキーの生涯、ロシアの過酷な歴史などについてお話しされました。
「チャイコフスキーは表面的な美しさや、外面的な派手さが強調されがちですけど、実はもっと複雑で、一貫した深い絶望が秘められています。ロシアの気候、風土、過酷な歴史、チャイコフスキー自身の母親を亡くした経験などが背景にあると思います。」
「皆さん、このチャイコフスキーの肖像の目を見て下さい。この目は絶望ですよ。ベートーヴェンの目とは全然違いますよ。」
「ワーグナーを4時間指揮しても全然平気で、もう一回やってもよいくらいなのですが、チャイコフスキーを指揮すると、心臓はバクバク、息はゼーゼー。舞台の袖でマネージャが心配するほどです。それくらい、チャイコフスキーの交響曲には、何か異様なところがあると思います。」
などなど。

その後、「そろそろ音を出してみましょうか」と言ってピアノの前に座り、チャイコフスキーの交響曲を1番から6番まで、聴きどころをピアノで演奏しながら解説。
休憩なしで、当初予定90分のところが終わってみれば105分、20:45まで。

小さな会場を埋めた聴衆は何人くらいでしょう?
おそらく100人強ではないかと思いますが、満場が水を打ったように静か。
素晴らしい集中力で飯守さんのピアノに聴き入っており、凝縮された、素晴らしい時間と空間でした。

飯守さんのピアノは、御本人が
「あまりうまくなくてごめんなさいね」
「ピアノを使いますかとたずねられて、ハイと返事をしたことを後悔しています。チャイコフスキーは難しいんです。」
「あ、ここ、難しい」
などと言いながら弾いておられましたが、なにせスコアを見ながらピアノで弾いて、
「ここはファゴット」
「ピッコロです」
「チェロ」
などと間合い良く解説が入るので、聴いているこちらの頭の中は補正回路が働いて、疑似オーケストラ状態。
テクニックうんぬんよりも、飯守さんの強い意志を感じさせる迫力満点のピアノを、数メートルの至近距離で。
ピアノで、さわりを聴いた…という生やさしいものではなく、引きずられ、打ちのめされて、もう満腹。
本番のツィクルスはもっと凄いでしょう。
楽しみです。

|

« 錦織健&東響(2011/5/31) | トップページ | デミジェンコ(P)(2011/6/4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/51846148

この記事へのトラックバック一覧です: 飯守泰次郎(レクチャー)(2011/6/3):

« 錦織健&東響(2011/5/31) | トップページ | デミジェンコ(P)(2011/6/4) »