« デミジェンコ(P)(2011/6/4) | トップページ | 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2011/6/7) »

2011年6月 5日 (日)

新国立劇場「コジ・ファン・トゥッテ」(2011/6/5)

2011年6月5日(日)14:00
新国立劇場オペラパレス

モーツァルト:コジ・ファン・トゥッテ

新制作の舞台。
時節柄、指揮者が交代したり、歌手が交代したりと事前の波乱はありましたが、プログラム冊子によると、演出のミキエレットさん
『このこと(大震災)で「日本に行かない」という選択肢を採ることに強い罪悪感を覚えました…オペラを愛する皆様のため、公演に最善を>尽くしました。』
とのこと。演出の評価はともあれ(私は肯定派だが)こういう姿勢は日本人として嬉しい限りです。

この日は3日目。
初日の口コミによれば、演出を観るべき上演との前情報。
しかし意外にも、口コミで評判が散々だったゴメス=マルティネスさんの指揮するオケの音は、さほど不満を感じませんでした。
これは私が事前情報を聞いてから、カール・ベーム指揮のCDで耳慣らしをしたせいでしょうか?
確かに遅めかな?
でも(私は)大丈夫でした。

歌手陣の優劣は、私にはあまりわかりません(不満もありませんが)。
確かにこの指揮者のテンポで歌うのは少々大変なのかな?
そういう意味では当初予定のカリニャーニさんの指揮で聴きたかった…という感情がゼロではありません。
もしベームではなくガーディナー指揮のCDで予習していたら、もっとそう思ったかもしれません。

ミキエレットさんの演出を観るべき上演との前情報はその通りだと思いました。
キャンプ場を舞台にした読み替え演出ですが、さほど奇抜な印象もなく、設定がストーリーに自然になじんでいたと思います。
私も以前は写実的な演出の方が好きでしたが、最近は「目の御馳走」になっていれば、いずれも可です。

ラストが喧嘩別れで終わるのは事前情報で知っていましたが、それでも結構刺激的に感じました。
音楽が急速に幸福感に満たされて行くのに「反比例」して、舞台が急速に殺伐としていくのは、とっても奇妙…というか、「おいおい」という感じでした。
近くの席の方が「なんかちがうよな~」「ちょっとコワイですよ」などと話しているのが聞こえましたが、確かに殺気すらを感じるようなエンディング。
そういう意味では、演出家の聴衆を刺激する狙いは的中かもしれません。
終演後の会場も「感動した!」という感じではなくて「あのラストは…(ヒソヒソ)」という感じだったようにも見えました。

トーキョー・リングの舞台装置が取り壊されて再演が絶望的な今、(トーキョー・リングの代わりにはならないにせよ、一時期の「わかりやすい演出一辺倒路線」から脱皮して?)プロダクションとしては貴重なものが加わったと、私は思いました。
それにしても、新国立の舞台、水を張る演目が多いこと。
今回の「コジ」はキャンプ場の池。
カップル達がそこに入り込んでピチャピチャ音をたてる。
そして、始終くるくる回っている舞台は新国立の舞台機構の賜物?
まあ、目が回るほどのスピードではありませんでしたが…。

なお、冒頭に書いたように、私はベーム指揮のCDで耳慣らしをして出かけたので大丈夫でしたが、やっぱりカリニャーニさんで聴きたかった…という思いは残る上に、さらに言わせていただけば、スダーン/東響にピットに入ってもらってモーツァルトのオペラを聴きたいっ!…と、心底思います。

スタッフ
【指揮】ミゲル・A・ゴメル=マルティネス
【演出】ダミアーノ・ミキエレット
【美術・衣裳】パオロ・ファンティン

キャスト
【フィオルディリージ】マリア・ルイジア・ポルシ
【ドラベッラ】ダニエラ・ピーニ
【デスピーナ】エレナ・ツァラゴワ→タリア・オール
【フェルランド】グレゴリー・ウォーレン
【グリエルモ】アドリアン・エレート
【ドン・アルフォンソ】ローマン・トレーケル

【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

20110605

201106052

|

« デミジェンコ(P)(2011/6/4) | トップページ | 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2011/6/7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/51864344

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立劇場「コジ・ファン・トゥッテ」(2011/6/5):

« デミジェンコ(P)(2011/6/4) | トップページ | 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2011/6/7) »