« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2011/7/13) | トップページ | アラン・ギルバート/都響(2011/7/17) »

2011年7月16日 (土)

スダーン/東響(2011/7/16)

2011年7月16日(土)18:00
サントリーホール

指揮:ユベール・スダーン
東京交響楽団

(第591回 定期演奏会)
ヴァイオリン:ライナー・キュッヒル
ヴィオラ:西村眞紀

モーツァルト:交響曲第25番
モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲
シェーンベルク:浄夜
(弦楽合奏版)

交響曲第25番は先日のモーツァルト・マチネで聴いた第39番ほど鋭角的に感じませんでした。
確かにきびきびとした進行はスダーンさんのモーツァルト。
しかし、まろやかな印象もあります。
これは、ティンパニが無いなど、編成から来る印象もあったのでしょう。
中間楽章で思い切った表情付けをするなど、スダーン節のモーツァルトであることは確かです。

もうひとつ響きに影響したかもしれないのが、ホールの反響板。
サントリーホールの舞台の上につるされた透明な反響板です。
大震災の後は、ずっと上の方、天井の近くまで引き上げられていましたが、この日は、以前の位置?まで降ろされていましたた。
そのせいか、微妙にまろやかな響きになっていた(戻っていた)ような気がしましたけど自信はありません。

協奏交響曲は「キュッヒルさん、容赦しないなぁ」という印象。
キュッヒルさんに限っては、“強奏”交響曲です。
もちろん手抜きをされるより余程良いですが、西村眞紀さんは、さすがに「ウィーン・フィルの顔」が相手では分が悪いのは仕方ないかな??
それでも自分の音を見失わないように、無理に背伸びをせずに弾いていたのは正解だったかもしれません。
協奏曲交響曲では、ソロの部分だけでなく、ソロが休んでいる部分ではオーケストラの第1ヴァイオリン、ヴィオラのパートも演奏。
ソロを弾くだけでなく、オーケストラもぐいぐい引っ張るキュッヒルさんでした。

この日のコンサートマスターは、ニキティンさん、高木さんの二人が揃い、アシスタント・コンサートマスターの田尻さん、廣岡さんも二人揃いました。
交響曲はニキティンさん、協奏交響曲は高木さんがトップを弾く。
そして、後半のシェーンベルクでは、キュッヒルさんがゲスト・コンサートマスターとしてトップの席に。

浄夜は、艶やかに磨き上げられた美しくも緊迫感のある演奏。
少し退廃的なウィーンの…などと言う言葉による形容は圧倒的な音楽の前には無力。
スダーンと東響のあうんの呼吸に加え、トップに座ったキュッヒルさんのリードも大きく、何とも雄弁な弦楽合奏になりました。

|

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2011/7/13) | トップページ | アラン・ギルバート/都響(2011/7/17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/52227669

この記事へのトラックバック一覧です: スダーン/東響(2011/7/16):

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2011/7/13) | トップページ | アラン・ギルバート/都響(2011/7/17) »