« 小泉和裕/新日本フィル(2011/8/12) | トップページ | 辻本智美(P)(2011/8/14) »

2011年8月13日 (土)

レヴィ/東響(2011/8/13)

2011年8月13日(土)14:00
東京オペラシティコンサートホール

指揮:ヨエル・レヴィ
東京交響楽団

(東京オペラシティシリーズ 第62回)
ヴァイオリン:シン・ヒョンス

プロコフィエフ:古典交響曲
ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲
クライスラー:レチタティーヴォとスケルツォ・カプリス
        
(アンコール)
ベートーヴェン:交響曲第4番
ベートーヴェン:序曲「コリオラン」
(アンコール)

お盆休み3日目は初台へ。
本来、首席客演指揮者ルイゾッティが久しぶりに振るはずだった演奏会です。
指揮者交代を知ったときは少しがっかりしましたが、演奏を聴いた後は、足を運んで良かったという満足感で家路につきました。

プロコフィエフの古典交響曲は、2日前に山田和樹さんの指揮する横浜シンフォニエッタの凄い演奏を聴いたばかりですが、今日の東響もまた違った、少し大人の演奏で良かったと思います。
やはりこじんまりした可愛い曲ではなく、後の大交響曲群を予感させるスケールの大きな曲としての演奏でした。

続くシン・ヒョンスさん独奏のストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲は「こんなに情熱的に、激情を持って演奏できる曲なのか!」と驚嘆しました。
息がつまるような追い込みに聴き手の私も肩に力が入りました。
素晴らしいヴァイオリニストです。
アンコールで演奏されたクライスラーの無伴奏の曲も、息もつかせぬような超絶技巧を満喫しました。

休憩後のベートーヴェンは、ピリオド・スタイルではない昔ながらの演奏。
しかし暑苦しくはなく、脂ぎっていない。
皮下脂肪の少ない、しなやかな筋肉の躍動ようなベートーヴェンは清涼感を感じさせるものでした。
アンコールの序曲「コリオラン」も同様。
交響曲の第2楽章の後、楽器のトラブル(?)で長い間合いを余儀なくされましたが、指揮者は、にこやかな表情で落ち着いて待ちました。
第3楽章以降の演奏に、そのトラブル(?)の影響を全く感じさせなかったのは、指揮者もオーケストラもさすがです。

お盆休みの2日間、新日本フィル、東京交響楽団と、相次いで指揮者交代。
東響はソリストも交代という事態でしたが、小泉和裕さんもヨエル・レヴィさんも準備万端の高水準で、円熟の味わいでした。
レヴィ氏は協奏曲も含めて全曲暗譜。
小泉さんも(協奏曲は私の席からは見えなかったが「新世界より」は)暗譜でした。

20110813

|

« 小泉和裕/新日本フィル(2011/8/12) | トップページ | 辻本智美(P)(2011/8/14) »

コメント

小泉さんは、ショパンでは総譜を見ていました。3階だったので確認できました。

投稿: ベイ | 2011年8月16日 (火) 00時24分

休憩時間の配置転換の際に、その気配は感じたのですが、やはりそうですか。
御教示ありがとうございます。
小泉さんは協奏曲も暗譜の場面を何回か見ていますが、毎回というわけではないのですね。

投稿: 稲毛海岸 | 2011年8月16日 (火) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/52465123

この記事へのトラックバック一覧です: レヴィ/東響(2011/8/13):

« 小泉和裕/新日本フィル(2011/8/12) | トップページ | 辻本智美(P)(2011/8/14) »