« 山本貴志(P)(2011/8/28) | トップページ | トゥルコヴィッチ/都響(2011/9/4) »

2011年8月29日 (月)

大野和士/東フィル(2011/8/29)

2011年8月29日(月)19:00
サントリーホール

指揮:大野和士
(サントリー芸術財団サマーフェスティバル2011
第41回サントリー音楽賞受賞記念コンサート)
東京フィルハーモニー交響楽団
ソプラノ:並河寿美
アルト:坂本朱
合唱:国立音楽大学、東京オペラシンガーズ
合唱指揮:田中信昭、永井宏、宮松重紀

マーラー:交響曲第2番「復活」

細部まで磨き上げられていたとは言えないかもしれませんが、豪快な演奏に圧倒されたことは確かです。
皇太子殿下御臨席となった演奏会。
私は、1月の新国立劇場「トリスタンとイゾルデ」に続いて、大野和士さんの指揮する公演に続いて殿下の御尊顔を拝しました。

その殿下御臨席の演奏会で、ソロ・カーテンコールに“一般参賀”という俗称を使うのは不適切かもしれませんが、オーケストラが引き上げた後も、大野さんは2回、舞台に呼び戻されました。

確かに、もの凄い演奏。
ただ、もし超一流オーケストラとプロのコーラスだったら…という思いを抱いたことも事実です。
コンサートマスターの荒井さん率いる弦楽器群は、強奏の迫力も弱音部のニュアンスも豊か。
しかし、対する管楽器群は、弱音部のニュアンスが、多少「ん…」という場面がないわけではありません。
コーラスも「もし全員プロだったら…」と思う場面はありました。

…と、ネガティブっぽい感想になってしまいましたが、前述のように細部を突けばいろいろありましたたが、総じて、これだけパワーのある音を引き出すのは、さすがは大野さんだし、(私にしては)高価なチケットを購入したことに値する満足感は得られたと思います。

この日は東京フィルの主催公演ではなかったので、第2楽章の前に、遅れて来たお客さんを入場させていました。
大野和士さんも、指揮台の前に置かれた椅子に座って、比較的長いインターバル。

特にアナウンスもなかったのに、楽章間の独唱者入場でもほとんど拍手はなかったし、曲の最後も残響が消えるまで静寂。
全般的に、良い聴衆だったと思います。
よって、フライングのブラボーではありませんが、それでも、あの残響が消えていった余韻の静寂の中で、一人、一番にブラボーを叫ぶセンスは、私は違和感を感じました。

|

« 山本貴志(P)(2011/8/28) | トップページ | トゥルコヴィッチ/都響(2011/9/4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/52606538

この記事へのトラックバック一覧です: 大野和士/東フィル(2011/8/29):

« 山本貴志(P)(2011/8/28) | トップページ | トゥルコヴィッチ/都響(2011/9/4) »