« レヴィ/東響(2011/8/13) | トップページ | サイトウキネン・フェスティバル松本(2011/8/21) »

2011年8月14日 (日)

辻本智美(P)(2011/8/14)

2011年8月14日(日)19:00
フィリアホール

辻本智美ピアノリサイタル
~ドビュッシーの世界~

ドビュッシー:2つのアラベスク
ドビュッシー:ピアノのために
ドビュッシー:映像第1集
ドビュッシー:前奏曲集第1集
ドビュッシー:子供の領分~ゴリウォーグのケークォーク
        
(アンコール)

お盆休み4日目。
再び、錦糸町から半蔵門線~田園都市線で青葉台へ。

フィリアホールでの辻本智美さんのピアノ・リサイタル。
ドビュッシー・プログラムは、まさに耳のご馳走。
あっという間に聴き終わった感じでした。

この演奏会、昼夜2公演で、昼の部は未就学児童入場可。
子供連れのお母さんも本格的なリサイタルを聴ける機会の提供は、意義はわかっていても、なかなか行動できるものではありません。
その現場を目撃したい気持ちも少しあったのですが、私のような人種は思いっきり浮くことは目に見えているので、遠慮して夜の部へ。

夜の部は未就学児童入場不可。
昼夜2回公演のせいか、あるいは私のような人種が興味を抱く曲目のせいか、聴衆の数が多かったとは言えません。
しかし、本当に好きな人たちだけが集まったような居心地の良さ。
小学校低学年と思われるお子さんも何人か居ましたが、その鑑賞マナーの良さと集中力には驚きました。

辻本さんの弾くピアノの音は、ぬくもりがあると言うか、ピアノの周りから上品な香りが漂って来るような雰囲気。
過剰な感情移入なく、気品を持って演奏された印象。
指揮者で例えれば、デュトワさんではなくフルネさんのような雰囲気。
終演後は「子供の領分も全曲聴きたかったなぁ…」と欲張りなことを思ってしまいましたが、水墨画とネオンサインが交錯するような、めくるめくような音の大波小波は、本当に素敵なひとときでした。

|

« レヴィ/東響(2011/8/13) | トップページ | サイトウキネン・フェスティバル松本(2011/8/21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/52475972

この記事へのトラックバック一覧です: 辻本智美(P)(2011/8/14):

« レヴィ/東響(2011/8/13) | トップページ | サイトウキネン・フェスティバル松本(2011/8/21) »