« ブラビンス/都響公開ゲネプロ(2011/9/26) | トップページ | 新国立劇場「イル・トロヴァトーレ」(2011/10/2) »

2011年9月26日 (月)

ブラビンス/都響(2011/9/26)

2011年9月26日(月)19:00
東京文化会館

指揮:マーティン・ブラビンス
東京都交響楽団

(第720回 定期演奏会Aシリーズ)
ピアノ:上原彩子

プロコフィエフ:歌劇「戦争と平和」序曲
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第2番
プロコフィエフ:交響曲第5番

序曲、協奏曲、交響曲という古典的な並びなのに、聴いた体感はめちゃくちゃ斬新に感じる選曲が、まず素晴らしい!
一曲目のプロコフィエフの序曲からして、オペラの序曲の雰囲気は微塵も感じず、まるでショスタコーヴィチの交響曲の終楽章のようでした。

続いて、上原彩子さんが弾きたくて選んだチャイコフスキーのピアノ協奏曲第2番は、元々期待値が高かったのに、その期待をはるかに上回るテンションの高さ。
断じて「珍しい曲をとりあえず音にしてみました」などではありません。
バックのオケも含めて「超」が5つくらい付く名演ではないでしょうか。
この協奏曲(原典版とのことです)の多彩な側面を見事に浮かび上がらせながら、連続性・統一感も兼ね備えた高次元の演奏。
「威風堂々」風?
ラフマニノフのはしり?
ロココ風?
協奏交響曲?
二重協奏曲?
三重協奏曲?
チャイコフスキーの交響曲の原形?
コンサートマスターとチェロ首席奏者は、第2楽章はほとんどソリスト状態。
専用の譜面まで置かれていました。
いや、管楽器が繰り出すソロだって、協奏交響曲に近い体感。
独奏の上原彩子さんが曲を手の内に入れていたのは当然かもしれませんが、バックの都響が「伴奏」ではなく「マーラーの交響曲並み」?の細心の気配りの繊細かつ大胆な演奏を繰り広げたのは驚異的でした。

後半のプロコフィエフの交響曲第5番は、15:30からの公開ゲネプロでも聴いた曲。
ゲネプロの出来に大いに満足していた鈍感な私は、休憩後の演奏に至ってようやく「あ、ゲネプロは85%くらいの力で弾いていたんだ」と知る…。
個々の奏者が思いっきり自己主張し、遊び、名技を披露しているのに、オケ全体の統一感も完璧に実現していた驚異の名人芸。
分解能が著しく高いのに溶け合っていて、響きの純度、透明感も感じるという素晴らしさ。

この日はオケの編成が大きかったこともあると思いますが、ホールのデッドな(はずの)音響のハンディを全く感じずに聴けました。
まさにプロコフィエフにふさわしい明瞭さ、ピアノ協奏曲にふさわしい歯切れの良さ。 翌日ののB定期には行かない予定ですが、サントリーホールの音響で聴けば、また違った素晴らしさがあることでしょう。

それにしても都響、サイトウキネン・オーケストラに十二分に張り合える、と言って良いでしょうか??
コンサートマスターは同じ方ですしね。

|

« ブラビンス/都響公開ゲネプロ(2011/9/26) | トップページ | 新国立劇場「イル・トロヴァトーレ」(2011/10/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/52840020

この記事へのトラックバック一覧です: ブラビンス/都響(2011/9/26):

« ブラビンス/都響公開ゲネプロ(2011/9/26) | トップページ | 新国立劇場「イル・トロヴァトーレ」(2011/10/2) »