« 下野竜也/読響(2011/10/23) | トップページ | 秋山和慶/東響(2011/10/29) »

2011年10月28日 (金)

沼尻竜典/読響(2011/10/28)

2011年10月28日(金)19:00
すみだトリフォニーホール

指揮:沼尻竜典
読売日本交響楽団

(読響Symphonic Live深夜の音楽会公開録画)
ピアノ:ミシェル・ダルベルト
司会:古市幸子
(日テレアナウンサー)

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番
ブラームス:3つのインテルメッツォOp.117-1
(アンコール)
ブラームス:交響曲第4番


トリフォニーのステージに読響が居るのって、ちょっと不思議な感覚でした。
結構、あそこで公開収録はやっているようですが、私は初めてだったので…。
ちょうど、千葉マリンに阪神タイガースが来たときのような違和感?(暴言失礼)

後半の交響曲が、気合い入りまくりなのに、全く粗雑にならず、美しさを失わない素晴らしい演奏。
細部(特に金管の一部)には「ん?」と思う箇所が無かったとは言いませんが、幻滅するほどではなく、私は十分に“沼尻さんのブラームス”を堪能しました。
割と流麗な演奏と言って良いと思いますし、重苦しさのない、どちらかと言うと純音楽風のさわやかな印象。
それでも、メロディーの歌い回しは、いとおしくなるほど魅惑的。
力いっぱい鳴らしていたのに、沼尻さんの指揮姿は肩に力が入っている様子もなく、読響の演奏も爆演にならず。

それに比べると、前半のピアノ協奏曲は、私の好みとは違いました。
ダルベルトさんのピアノの音は、特に前半の2楽章で、良く言えばスケールが大きいのかもしれませんが、悪く言えば荒っぽいと取れなくもない。
後半の第3、第4楽章(の一部)やアンコールでみせた美しい音色からすると、「弾こうと思えば、こういう音も出せるではないか!」と、少々残念。
もっとも、ホールの音響や私の座った位置(前方右寄り)に加えて、ふだんサントリーのP席とかばかりで聴いている私の耳の特性など、いろいろ要因はあると思うので、あくまでもこれは、私個人の感想です。
会場は沸いていましたし、アンコールで弾いたブラームスの独奏曲は(かなり)良かったと思いました。

公開収録らしく、開演前と休憩終了後に日テレの古市アナが登場して、エピソードなどを交えて手際よくスピーチ。
短すぎず、長すぎず、音楽鑑賞の邪魔をせず、意外と良いトークだったと思いました。
沼尻さんは読響との初共演のチラシを「初心忘るべからず」と、ブラームス総譜に貼り付けているとか。

この公開収録、ハガキ応募だから…と心配した聴衆の鑑賞マナーも驚嘆するほど良かったと思います。
もちろん、中には、紙片をカサカサやる人はいましたけど(なぜ、そういう人が私の近くに来るのか!)、全般的には定期演奏会並みに静かでした。
やはり、一般大衆から見ればマイナーな部類の番組に、ハガキを書いて投函するだけの意欲を持った人々は違いますね。

20111028

20111028_2

20111028_3

|

« 下野竜也/読響(2011/10/23) | トップページ | 秋山和慶/東響(2011/10/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/53113018

この記事へのトラックバック一覧です: 沼尻竜典/読響(2011/10/28):

« 下野竜也/読響(2011/10/23) | トップページ | 秋山和慶/東響(2011/10/29) »