« 沼尻竜典/読響(2011/10/28) | トップページ | 新国立劇場「パゴダの王子」(2011/10/30) »

2011年10月29日 (土)

秋山和慶/東響(2011/10/29)

2011年10月29日(土)15:00
佐倉市民音楽ホール

指揮:秋山和慶
東京交響楽団

(佐倉市民音楽ホール自主文化事業
ベートーヴェン交響曲全曲シリーズ第4弾)

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

今日は流れに逆らって、いつもと逆方向へ。
佐倉市民音楽ホールは、千葉県民歴が長いのに初めて行くホールです。
秋山和慶さんが音楽監督の頃からの秋山/東響のファンの私としては、足を運ばざるを得ません。

ホールは京成臼井駅が最寄駅で、座席数は667席。
小空間の割には残響があまり感じられなかったのは少し意外でしたが、ホールの内装は、よくある市民会館タイプの、交響…ではなく、公共ホールですので、こんなものかもしれません。
ちなみに私の座った場所は、比較的前方の壁寄りの席でした。

前半の「田園」は個人的な体調の問題(遅い昼食の直後)で眠かったので偉そうに感想を述べる資格はありませんが「やはり、さすがは秋山/東響!」という部分と「いつも定期で聴いている東響にしては…」という部分が混在。
木管の一部が不安定な部分まであったは、ちょっと意外でした。

後半の「英雄」、それも第3、第4楽章ともなると、さすがに秋山/東響のクオリティを見せつけ、圧倒的…と言っても良かったとは思います。
…思いますが…。
それでもやはり、年末の「第九と四季」で聴くときのベートーヴェンのクオリティには一歩譲る感も否めません。

想像するに、おそらく、定期演奏会や「第九と四季」などの楽団主催の演奏会と、このような“お呼ばれ”の公演では、リハーサル日数がかなり違うのでしょう。
それは初めからわかっています。
わかってはいますが、今や都内で秋山和慶さんの振る定期演奏会自体が少ないので致し方ありません
そうそう、気軽に、九州や広島まで聴きには行けませんし。

|

« 沼尻竜典/読響(2011/10/28) | トップページ | 新国立劇場「パゴダの王子」(2011/10/30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/53113035

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山和慶/東響(2011/10/29):

« 沼尻竜典/読響(2011/10/28) | トップページ | 新国立劇場「パゴダの王子」(2011/10/30) »