« ノット/東響(2011/10/7) | トップページ | 渡邊一正/読響(2011/10/9) »

2011年10月 9日 (日)

新国立劇場「サロメ」(2011/10/9)

2011年10月9日(日)15:00
新国立劇場
R.シュトラウス:サロメ

14:00開演と思い込んで、遅れそうだと焦り、階段を駆け降り、駆け上がり、汗をかいて、息を切らせて駆けつけると、会場は閑散としていて、それでも気付かず「あれ?もう入場を終了して締め出しか?」と入口まで行って、ようやく時間を間違えたことに気づきました。
先月の「セヴィリアの理髪師」以来、1ヶ月ぶり2回目です。

当初、音楽監督の尾高忠明さんが指揮する予定だった上演。
降板で指揮者はラルフ・ヴァイケルトさんに交代。
ヴァイケルトさんは、オケをずいぶんシンフォニックに鳴らしていた印象でした。
「サロメ」の終盤が「ばらの騎士」のように優美でいいの?…という気にもなったくらい美しい。
時折、声とのバランスでオケが上回る箇所もあったかな。
それでも私は、響き渡るオケの音を好意的に聴きました。
オケは東京フィル。
日頃、私は東京フィルには辛口な方なのですが、先日の「イル・トロヴァトーレ」も含めて、大変好感の持てる響き。
偶然か、必然か、コンサートマスターは両日ともに荒井英治さんでした。

この「サロメ」の舞台(演出)は、前回もしっかり観たはずですが、結構忘れていて、再度新鮮な目で見ることが出来ました。
穴の底から響くヨハナーンの声は、「前回も、こんなにエコーがかかっていたっけ?」という印象も。

サロメは大人の女性の妖艶さではなく、可憐であどけなさを内包したような澄んだ声。
ヘロデはいやらしさを秘めて少し上品さを装った感じ。
聴衆は、もっといやらしい感じがほしかったのか、ヘロデへのブラボーは極端に少なく、ちょっと意外でした。

“通”の方から見ればいろいろあるのかもしれませんが、新制作でないレパートリー上演でこのレベルで観せてもらえれば(新制作よりチケットも安いし)私としては、充分に楽しませていただきました。
2月の二期会のコンビチュニー演出も面白かったですけど、割とオーソドックスな舞台で観る「サロメ」も、十分に刺激的で堪能しました。

スタッフ
【指揮】ラルフ・ヴァイケルト
【演出】アウグスト・エファーディング
【美術・衣裳】ヨルク・ツィンマーマン

キャスト
【サロメ】エリカ・ズンネガルド
【ヘロデ】スコット・マックアリスター
【ヘロディアス】ハンナ・シュヴァルツ
【ヨハナーン】ジョン・ヴェーグナー
【ナラボート】望月哲也
【ヘロディアスの小姓】山下牧子
【5人のユダヤ人1】大野光彦
【5人のユダヤ人2】羽山晃生
【5人のユダヤ人3】加茂下稔
【5人のユダヤ人4】高橋淳
【5人のユダヤ人5】大澤建
【2人のナザレ人1】大沼徹
【2人のナザレ人2】秋谷直之
【2人の兵士1】志村文彦
【2人の兵士2】斉木健詞
【カッパドキア人】岡昭宏
【奴隷】友利 あつ子

【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

20111009

20111009_2

|

« ノット/東響(2011/10/7) | トップページ | 渡邊一正/読響(2011/10/9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/52949960

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立劇場「サロメ」(2011/10/9):

« ノット/東響(2011/10/7) | トップページ | 渡邊一正/読響(2011/10/9) »