« 矢崎彦太郎/東京シティ・フィル(2011/11/11) | トップページ | マゼール/東響(2011/11/12) »

2011年11月12日 (土)

ラザレフ/日フィル(2011/11/12)

2011年11月12日(土)14:00
サントリーホール

指揮:アレクサンドル・ラザレフ
日本フィルハーモニー交響楽団

(第635回定期演奏会)
ピアノ:岡田博美

【ラザレフが刻むロシアの魂《season1 ラフマニノフ》】
ショパン:ピアノ協奏曲第1番
ラフマニノフ:交響曲第1番

後半のラフマニノフの交響曲第1番では、ラザレフさん大暴れ。
相当にオケをしごいたことが伺い知れる?演奏。
緩急自在…と言うよりは、急急強引…いや、豪快。
音をたてて足を踏み出す。
指揮台を降りて第2ヴァイオリンとチェロまん前に立って振ったり。
最後はお約束の客席を振り返っての終結。
このラフマニノフのドッカン、ドッカン…は、意地の悪い目で見れば、日フィルとしては、ラザレフのスケールに合わせてかなり背伸びをしている、…いや、させられている感も多少感じられましたが、お仕事モードのつまらない演奏よりも、よほど楽しい。
いや~、本当に面白かったです。

前半のショパンのピアノ協奏曲第1番は、聴いているときは「オケも割りと好調かも」と思っていましたが、後半の、ど迫力の音を聴いた後だと「やっぱり多少伴奏モードだったのかな?」と思ってしまいます。
でも、まあ、ショパンですし…。

後半終了後は、前半のショパンの印象がどこかへ飛んで行ってしまいましたが、過度に感情移入せず、神経質にもならず、中庸の佳演だったのではないでしょうか。
オケも後半に比べればかなり大人しかったとは言え、酷評するほど悪くはなかったと思います。

この日は、私にはかなり珍しく、1階のS席エリアに座りました。
しかし、日頃の習性は身体に刻まれているようで、エスカレーターを上がりそうになるわ、挙句の果てには「あ、P席に空いているところがある。後半に移っちゃおうかな…」と想起したり…。
貧乏性です。

偶然か必然か、1番を2曲並べたプログラム。
私は日フィルの生演奏を聴くのはかなり久しぶりですが、このラフマニノフのシリーズ、続きが聴きたくなりました。

|

« 矢崎彦太郎/東京シティ・フィル(2011/11/11) | トップページ | マゼール/東響(2011/11/12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/53229005

この記事へのトラックバック一覧です: ラザレフ/日フィル(2011/11/12):

« 矢崎彦太郎/東京シティ・フィル(2011/11/11) | トップページ | マゼール/東響(2011/11/12) »