« NISSAY OPERA「夕鶴」(2011/11/13) | トップページ | スダーン/東響(2011/11/19) »

2011年11月19日 (土)

カンブルラン/読響(2011/11/19)

2011年11月19日(土)14:00
東京オペラシティコンサートホール

指揮:シルヴァン・カンブルラン
読売日本交響楽団

(第7回オペラシティ・マチネーシリーズ)

《マエストロ・セレクション・ポピュラー・ピーシーズ》
ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲
シューベルト:交響曲第7番「未完成」
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
        第1幕への前奏曲
R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの
          愉快ないたずら」

つい先日の日曜日に日生劇場のピットに入っていた読響。
シェフが帰ってきました。
2ヶ月ぶり…というハイペースの来日、喜ばしいことです。

この日は振替席でしたので、舞台は1/3くらいしか見えないし、それを一生懸命見ても首が痛くなるだけなので、視覚は諦めて聴くことに専念しました。
場所だけで言えば、たぶん上から2番目のランクの席に至近距離です。

この、やる気満々の常任指揮者による“有名曲”の演奏が、全く手を抜かない素晴らしさ…なのは何度も体験済みですが、今回も全く同様。
無造作に4曲並べたようでいて、実は十分に考え抜かれた選曲では?
前半の初期ロマン派、後半の後期ロマン派。
ドイツ系の系譜。
序曲、交響曲、前奏曲、交響詩。

4曲いずれもが生命感とモチベーションのみなぎる素晴らしい演奏でしたが、特に後半の「…マイスタージンガー」と「ティル…」の圧倒的高揚感!
「ティル…」のこんな演奏、聴いたことがないかも…とすら思いました。
「やはり読響は良い常任を見つけた」という毎度毎度の同じ感想。

1年目の硬派な選曲から、2年目の有名曲のラインナップに「大衆迎合」との批判的な論調も一部にあったのですが、毎回凄い演奏で吹き飛ばしてくれています。
カンブルランさんは超有名曲でも手抜きなし、やる気十分の演奏をしてくれるので、安易な気持ちでパスできません。
もう、ずいぶん前になってしまいましたが「展覧会の絵」を軽い気持ちで聴きにいって、鬼気迫る演奏に、内心「しっ、失礼しましたっ!」と大いに反省したことを、今でも鮮明に覚えています。

|

« NISSAY OPERA「夕鶴」(2011/11/13) | トップページ | スダーン/東響(2011/11/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/53284439

この記事へのトラックバック一覧です: カンブルラン/読響(2011/11/19):

« NISSAY OPERA「夕鶴」(2011/11/13) | トップページ | スダーン/東響(2011/11/19) »