« 東京文化会館「古事記」(2011/11/23) | トップページ | 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2011/11/26) »

2011年11月25日 (金)

カンブルラン/読響(2011/11/25)

2011年11月25日(金)19:00
サントリーホール

指揮:シルヴァン・カンブルラン
読売日本交響楽団

(第543回サントリーホール名曲シリーズ)
メゾ・ソプラノ:林美智子

メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」
ショーソン:愛と海の詩
ワーグナー:歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
ドビュッシー:海

カンブルランさんと読響のコンビ、今日は絶好調ではなかったでしょうか?
(もしかしたら、ベルリン・フィルを聴いた人に「まだまだ甘い」と言われるかもしれませんが、聴いていない私は)押し寄せる音の波に酔わされ、引き込まれ、圧倒されたドビュッシーの「海」でした。

この日の曲目は、一目瞭然の?海プログラム。

冒頭の一曲からして「フィンガルの洞窟って、こんなに繊細な曲だったんだ!」と目から鱗が落ちる美しさ!
こんなにも一音一音を大切に紡いだ演奏は、思わずため息をつきたくなる美しさ!

2曲目のショーソンの曲は、歌曲と言うにはオーケストラも相当に雄弁な曲で、3曲中、2曲目はオーケストラのみの間奏曲。
私の席の位置では、独唱も、3曲目での毛利さんのソロも、方角的にハンディがありましたが、それでも小交響曲のような、独唱付きのオーケストラ曲(林さん、すみません!)の魅力は十分に感じ取れました。

休憩後の「さまよえるオランダ人」序曲は、前半で感じた繊細さに加え、スケール感と透明感を兼ね備えた名演…
…だと思しますが…。
「笑うところじゃないですよ!」はわかっていますが、どうしても、あの下野さんが振った「湯治場オランダ人」を思い出してしまって…。
すみません。
後半の方は普通にシンフォニックな響きを堪能しました。
もう一回、まじめに聴き直したいです。

そして、最後のドビュッシー「海」は、もう、微弱音からフルスケールの強奏まで、隅々まで完璧に近く磨き上げられた、めくるめく音の世界に身を委ねるだけ。
ゲスト・コンマスの長原幸太さんの好リードにもよるのでしょうか?
開演前、チューニング直前に、ゲスト・コンマスとして長原幸太さんが登場したとき、会場はかすかにざわつき、プログラム冊子をめくる人が多数。
確かに“見慣れない”ですものね。

|

« 東京文化会館「古事記」(2011/11/23) | トップページ | 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2011/11/26) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/53333648

この記事へのトラックバック一覧です: カンブルラン/読響(2011/11/25):

« 東京文化会館「古事記」(2011/11/23) | トップページ | 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2011/11/26) »