« シェプキン(P)(2011/12/22) | トップページ | 大野和士/都響(2011/12/24) »

2011年12月23日 (金)

佐渡裕/東京フィル(2011/12/23)

2011年12月23日(金)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:佐渡裕
東京フィルハーモニー交響楽団

(ベートーヴェン『第九』特別演奏会)
ソプラノ:横山恵子
アルト:谷口睦美
テノール:西村悟
バリトン:甲斐栄次郎
合唱:東京オペラシンガーズ

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付」

私は、以前の佐渡裕さんの指揮に、必ずしも100%の共感をしていたわけではありませんが、この日の東京フィルの「第九」は、とてつもないスケール、迫力、そして推進力に、手に汗を握る思い。
まさに、圧倒され、打ちのめされました。

東京フィルが、すみだトリフォニーホールで演奏会を開催するのは、もしかしてかなり珍しいのではないでしょうか?
「せっかく来てくれるのなら聴いてみようか…。」という程度の動機でチケットを買いました。
しかし、後でフレンズ優先発売枠完売と知って驚きました。
昼休みに、何回か話し中の後、電話がつながったのは、実は幸運だったのです。
しかも、席も、ほぼ希望の場所をよやくできましたし…。
もちろん、その後の一般発売枠も完売。
佐渡裕さんの第九は、一部はしばらくの間「残席僅少」状態で残っていましたが、結局は全て完売しました。

佐渡さんの「第九」、ちょっとベートーヴェンっぽくな。
ウエスト・サイド・ストーリーのノリと言ったら言い過ぎかもしれませんが…。
でも、そんな比喩なんて、どうでも良くなる白熱の演奏。
とにかく音が空回りせず、全てパワーとなって向かってくる。
ちょっとした小細工?も作為的な印象はなく、鮮やかに決まる。
巻き込まれたのはオケだけではありません。
コーラスからも、これだけのうねりと表情を引き出したのには、もう脱帽するしかありません。
独唱者も含めて、ステージ上を完全に掌握し、完璧に自分の色に染めていました。
素晴らし過ぎる!

野次馬根性でちょっと斜に構えて聴きに行ったのが、想定外のもの凄さで打ちのめされたのですが、「昔はこんなに凄くなかったよね?」と思い、終演後にロビーで、2002年録音の佐渡裕/新日本フィルの「第九」のCDを買ってしまいましたた。
自分でも、素直でない、嫌な性格…とは思いますが…。

そうそう、ひねくれついでに書きますと、今日のすみだトリフォニーホールでは、入り口でビニール袋に入ったチラシを配っていました。
「チラシ配付不可」の方針は撤回したのでしょうか?
定期演奏会にはしばらく行っていないので、私は最近の東京フィル主催公演の事情には疎いのですが…。
楽章間入場不可相変わらずだったのかな?

それから、この日の東京フィルは、トリフォニーで「第九」、新国立で「くるみ割り人形」の同時進行なのかな?
東京フィルは簡単に「分身の術」が使えますが、聴く側の私は「分身の術」は知らないので、我が身はひとつ…。

20111223

|

« シェプキン(P)(2011/12/22) | トップページ | 大野和士/都響(2011/12/24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/53550306

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡裕/東京フィル(2011/12/23):

« シェプキン(P)(2011/12/22) | トップページ | 大野和士/都響(2011/12/24) »