« 佐渡裕/東京フィル(2011/12/23) | トップページ | 下野竜也/読響(2011/12/25) »

2011年12月24日 (土)

大野和士/都響(2011/12/24)

2011年12月24日(土)14:00
東京文化会館

指揮:大野和士
東京都交響楽団

(都響スペシャル「第九」)
ソプラノ:天羽明惠
メゾソプラノ:小山由美
テノール:市原多朗
バリトン:堀内康雄
合唱:東京オペラシンガーズ

ブラームス:アルト・ラプソディー
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」

第1、第2楽章でも何度かの頂点に「うわっ!」と圧倒されましたが、第3楽章のとてつもない美しさにはため息をつきたくなったほど。
喜び…。歓び…。慶び…。悦び…。
心からのよろこびに満ちた無言の歌がホールの空間を飛翔する。
よろこびへの賛歌とでも言いたくなるこの第3楽章に、震災からの復興への願いを感じたのは考え過ぎでしょうか。

ただ、この日の私の席の音は少しもどかしさを感じました。
席についたときに、定期演奏会での私の席(同ランク)よりも視界が良いので、「この席にピンポイントで席替えしたいな~。でも空いてないだろうな~。」 と思ったのですが、演奏が始まってみると、定期演奏会の私の席の方が、明らかに音が良い。
私の席は東京文化会館の中では音響は良い部類のはずだったのですが、やはり位置によって微妙に異なるようで、いつもの定期での“頭を叩かれるような”音の迫力は無い。
都響が大野さんの指揮のもと、極上の演奏を繰り広げていることが「理解」できただけに余計に残念。

完売ですし、1時間20分くらいリダイヤルしまくって電話がつながり、チケットを入手でき、聴くことが出来ただけでも喜ぶべきなのですが、欲が深いもので…。
いや、演奏が良かっただけに、余計…。

独唱者は指揮者の前での歌唱。
男性二人の印象(声の張り上げ方、歌い回しなど)は私の好みと少し異なっていて相性やや悪し。
女性二人の歌唱は申し分なく、美声と歌い回しを満喫しました。
もっとも、私の席の位置(の音響)が男性陣の声にはややハンディがあったかもしれないので、断言は出来ません。

|

« 佐渡裕/東京フィル(2011/12/23) | トップページ | 下野竜也/読響(2011/12/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/53559385

この記事へのトラックバック一覧です: 大野和士/都響(2011/12/24):

« 佐渡裕/東京フィル(2011/12/23) | トップページ | 下野竜也/読響(2011/12/25) »