« インバル/都響(2011/12/20) | トップページ | 佐渡裕/東京フィル(2011/12/23) »

2011年12月22日 (木)

シェプキン(P)(2011/12/22)

2011年12月22日(木)19:00
すみだトリフォニーホール

セルゲイ・シェプキン
ピアノリサイタル

ブラームス:6つの小品作品118
J.S.バッハ:ゴルドベルク変奏曲

アンコール無し。
アンコールなどいらない!
アンコールなど弾いて欲しくない!
とんでもなく凄いゴルトベルク変奏曲。
ピアニストが完全に脱力し、立ち上がる寸前まで保たれた静寂。
その後に沸き起こった嵐のような拍手とブラボー。

シェプキンさんのゴルトベルク変奏曲のCDは評判が良かったので、半年くらい前に買って聴いたのですが、「こんなに凄い演奏だったっけ?」と、呆気にとられるばかり。
物凄くたくさんの音を散りばめた演奏で、装飾音うんぬんは素人の私にはよくわかりまえんが、途中からバッハを聴いているのか、ドビュッシーを聴いているのか、現代音楽を聴いているのか、わけがわからなくなる音の洪水。
聴き手の私は、もうその渦に身を任せるだけ。

実は「会員割引で半額」が私のこの日のチケット購入の動機だったのですが、結果的に、とんでもなく安いチケットになりました。

前半のブラームスのピアノ曲は聴き慣れていないので、私は正直言って「きょとん…」に近い状態。
しかし、会場の(私以外の)聴衆の集中力は素晴らしく、拍手も熱いものがありましたので(CDのレコ芸の高評価うんぬんはともかく)たぶん名演だった(と想像します)。
ゴルトベルク変奏曲が、こんな、とてつもない演奏で、前半のブラームスだって会場のウケは良かったことを考えると、ブラームスの曲の方も、ちゃんと予習して行けば、もっと感動できたのかも…と、少しだけ反省しましたが、ゴルトベルク変奏曲が全てを帳消しにしてくれました。

|

« インバル/都響(2011/12/20) | トップページ | 佐渡裕/東京フィル(2011/12/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/53544748

この記事へのトラックバック一覧です: シェプキン(P)(2011/12/22):

« インバル/都響(2011/12/20) | トップページ | 佐渡裕/東京フィル(2011/12/23) »