« バッハ・フェスティバルⅥ(2012/2/19) | トップページ | ヴァンスカ/読響(2012/2/21) »

2012年2月19日 (日)

バッハ・フェスティバルⅦ(2012/2/19)

2012年2月19日(日)15:30
すみだトリフォニーホール

レイチェル・ポッジャー
≪トリフォニーホール・バッハ・フェスティバル2012≫
第2日
コンサートVII [コンチェルト]

ヴァイオリン・指揮:レイチェル・ポッジャー
ブレコン・バロック
 ヴァイオリン:ボヤン・チチッチ
 ヴァイオリン:ヨハネス・プラムソラー
 ヴィオラ:ジェーン・ロジャース
 ヴィオローネ:ヤン・スペンサー
 チェロ:アリソン・マクギリヴレイ
 チェンバロ:マルチン・スフィオントケヴィッチ

J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲BWV1056に基づく
J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲BWV1053に基づく
テレマン:3つのヴァイオリンのための協奏曲TWV53:F1
J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲BWV1042
J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲BWV1043
      ~第2楽章
(アンコール)

小ホールでのコンサートⅥの終演は15:10頃。
この大ホールでのコンサートⅦ(最終回)は15:30開演。
間隔が20分しかなく、α波を誘発するようなチェンバロの音色による「ゴルトベルク変奏曲」の世界から、協奏曲の世界への頭の切り替えが、私は少しスムーズに行きませんでしたが、それは贅沢と言うもの。

ブレコン・バロック(アンサンブル)は、プロフィールによれば、英国ウェールズの観光地ブレコンでの音楽祭のために創設され、当初は音楽祭に活動を限定していたとのことです。
CDは出ているにしても、それを日本に居ながらにして2日間にわたり聴けた幸せ。
全7公演のうち、私はコンサートⅣ以降の4公演を鑑賞。
昨日が18:30開演のコンサートⅣ(協奏曲)。
本日が11:00開演のⅤ(ソロ)(無伴奏)、13:30開演のⅥ(ソロ)(ゴルトベルク)、15:30開演のⅦ(協奏曲)。
だじゃれではありませんが、“快演”でした。

この最終回、最初の2曲のヴァイオリン協奏曲は、編曲されたチェンバロ協奏曲として残る楽譜からの復刻とのことです。

終わって欲しくない…と思っても、終わってしまいました、至福の時間と空間が…。
ポッジャーさんのサインは欲しい気もしましたが、あの古楽器の音色は、我が家のローエンドのオーディオ装置では再現出来ないでしょう。
結局CD購入に至らず、会場を後にしました。
でも、心は充足感でいっぱいです。

そう言えば、アンコールの演奏が始まる前に、携帯電話の着メロのような音が場内、後方から聞えてきました。
苦笑して止まるのを待って演奏を始めたポッジャーさん。
会場の聴衆も「しょうがないなぁ…」という感じで、さほど苛立つことなく待ったのは、それまでの演奏で心の充足感を感じていたからでしょうか?

20120219_2

|

« バッハ・フェスティバルⅥ(2012/2/19) | トップページ | ヴァンスカ/読響(2012/2/21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54026494

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ・フェスティバルⅦ(2012/2/19):

« バッハ・フェスティバルⅥ(2012/2/19) | トップページ | ヴァンスカ/読響(2012/2/21) »