« ヴァンスカ/読響(2012/2/25) | トップページ | スピノジ/新日本フィル(2012/3/3) »

2012年2月25日 (土)

スダーン/東響(2012/2/25)

2012年2月25日(土)18:00
サントリーホール

指揮:ユベール・スダーン
東京交響楽団

(第597回定期演奏会)
ヴァイオリン:パク・へユン

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番
      ~ラルゴ
(アンコール)
シェーンベルク:交響詩「ペレアスとメリザンド」
シェーンベルク:ハープと弦楽のための
      ノットゥルノ
(アンコール)

ヴァンスカ様の「悲愴」は、冷静に聴いていたつもりでしたが、自分でも気づかぬうちに結構ハイテンションになっていたようで、ハシゴした先では多少の疲弊感。
しかし、明日の川崎定期の会場のある新百合ケ丘は私の住まいからは遠いので、振替せずに頑張って今日聴く2公演目の東響定期。
スダーン監督のモーツァルトはやはり格別。
…と思っていたら後半はもっと凄いことに…。

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」は、スダーンさんらしい歯切れの良いモーツァルト。
独奏のパク・へユンさんはピリオドスタイルではないと思いますが、引き締まったスリムで筋肉質の音色がバックのオケと良く合っていたかな。
快速系の演奏だと思いますが、歌うところは急がずに弾き込んでいて変幻自在な印象でした。

そして…。

軽い気持ちで臨んだ後半のシェーンベルク「ペレアスとメリザンド」が凄い、凄い、凄い。
シェーンベルク・ツィクルスだった今シーズンの東響定期、その最後を飾ったのは、紛れもなく今シーズン一番の気合いの入った演奏でした。
スダーン監督と東響が、あうんの呼吸なのは十分存じ上げていますが、それがこの巨大編成の曲でも、ほぼ完璧に、自然に、当然のようにピタリと合い、雄弁に奏でる。
まさしく、一緒に呼吸している感じ。
シェフと手兵の究極のあるべき姿、完成形のひとつと言って良いでしょう。

曲が終わった後、スダーンさんは、拳を振り上げたまま数秒間動きませんでした。
脱力し、拍手が始まった後も、しばらくは顔を上げませんでした。
それくらい、入魂の熱演だったのでしょう。

驚いたことに、この驚異的にパワフルな「ペレアスとメリザンド」の後に、アンコールが演奏されました。
スダーンさんのスピーチは、私の英語力と席の位置ではほとんど聞き取れませんでしたが「マイ・オーケストラ…」と言っていたような…。
確かに「私の」ですよね、東響は。
アンコールは弦楽合奏とハープによる演奏。
「ペレアスとメリザンド」のゴージャスなメインディッシュの興奮をさますように優しく奏でられ、さながら食後のデザートのようでした。

それにしても、オペラシティで読響が驚異のサウンドであの空間を圧倒した僅か数時間後に、サントリーホールで東響が、読響とは違う系統の驚異のサウンドでこの空間を圧倒するとは…。
なんともぜいたくな一日でありました。

追記:
Twitterで教えてくれた方がいらして、アンコールは追悼演奏だったそうです。
「デザート」というのは不適切な表現だったようです。

追記2(2012/3/1)
訃報に関するリンクです。心より御冥福をお祈りいたします。
音楽評論家・東条碩夫先生のブログ
東京交響楽団オフィシャル・ブログ

20120225

|

« ヴァンスカ/読響(2012/2/25) | トップページ | スピノジ/新日本フィル(2012/3/3) »

コメント

私もこの場に居て、同様に「軽い気持ちで」聴いたのですが、本当に精緻でありながら情熱的で、素晴らしい「ペレアス」でした。
アンコールは、急逝された東響のチェロ奏者に捧げて、と仰っていたように思いますが、東響のHPにも特に情報は掲載されておらず、聞き違いかもしれません。

投稿: nory | 2012年2月26日 (日) 11時42分

nory様
コメントありがとうございます。
帰宅するまで幸せいっぱいの気持ちでいたので、少なからずショックです。
東条碩夫先生のブログに簡潔に書かれていますね。
http://concertdiary.blog118.fc2.com/blog-entry-1311.html

投稿: 稲毛海岸 | 2012年2月26日 (日) 23時14分

東条先生のブログ、拝見しました。ありがとうございます。
(アンコールの「ノットゥルノ」が本当に素晴らしい曲だったので、CDが欲しくなり探したのですが、分かりませんでした。)

投稿: Nory | 2012年2月28日 (火) 09時01分

nory様
Googleで「シェーンベルク ノットゥルノ」で検索してみたら

> サマーフェスティバル2001で取り上げられる
> シェーンベルク:ノットゥルノは、長い間
> 行方が分からなかった作品だった。
> 今年になって出版され、日本初演の運びとなった。
> 8月30日沼尻竜典指揮:東京フィルが
> サントリーホールで演奏する。

というのがヒットしました。
2001年に出版、日本初演された作品なんですね。
AMAZONで検索しても出てこないし、
NAXOS Music Libraryでも見つかりません。
しかし、You Tubeで「Schoenberg notturno」で検索すると
いくつか動画がヒットしました。

投稿: 稲毛海岸 | 2012年2月29日 (水) 19時30分

そうだったんですね。20世紀の作曲家でも埋もれた作品がある、というのは新鮮な驚きです。ご丁寧に調べて頂き、ありがとうございます。

投稿: Nory | 2012年3月 1日 (木) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54076342

この記事へのトラックバック一覧です: スダーン/東響(2012/2/25):

« ヴァンスカ/読響(2012/2/25) | トップページ | スピノジ/新日本フィル(2012/3/3) »