« ヴェロ/仙台フィル(2012/2/3) | トップページ | 沼尻竜典/読響(2012/2/6) »

2012年2月 5日 (日)

ゲッツェル/神奈川フィル(2012/2/5)

2012年02月05日(日)14:00
グリーンホール相模大野

指揮:サッシャ・ゲッツェル
神奈川フィルハーモニー管弦楽団

(名曲シリーズ オーケストラ名曲への招待
~ハ短調の慟哭~)
ピアノ:三舩優子

グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲 
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
ブラームス:交響曲第1番

グリーンホール相模大野は、この日は初めて行きました。
いわゆる“多目的ホール”の作りですが、反射音と直接音を予想して席を選んだので、少なくとも私の座った席では、オーケストラを聴くのに問題ない響き。
残響は、多くはありませんが一応“有り”。
弦の音もピアノの音も潤いがありました。

冒頭の「ルスランとリュドミラ」には、一週間前の「ドン・ファン」の出だしのようなパワーを予想して身構えていましたが、この日はびっくりするほど強くはありませんでした。
それでもまあ、協奏曲の前の序曲としては順当な演奏でしょう。
中間部での弦楽器の厚み、音の歌い回しは魅惑的でした。

続くラフマニノフのピアノ協奏曲第2番では、個人的に途中、第2楽章あたりで眠くなってしまい、もったいないことをしました。
(会場に向かう電車の中でも眠かったので…。)
でも、うつらうつらしながら聴いていた部分はともかく、第1楽章も第3楽章も、演奏良かったと思います。
ゲッツェルさんは弦楽器出身の指揮者だと伺っています。
だから…と言うのは失礼かもしれませんが、弦楽器の情感たっぷりに歌う表情は豊か。
木管のソロも美しく、ピアノもクリアな音ですが冷徹ではなく、ぬくもりを感じる音でした。

休憩後のブラームスの交響曲第1番は、おそらく先週の定期演奏会での第4番よりも、完成度が高かったのではないでしょうか。
ゲッツェルさんの音が徹底されてきたのかもしれませんし、2日公演の2日目ということもあったのかな。
あるいはコンサートマスターの席に石田さんが戻ったから?
石田さん、もちろんソロは「さすが!」と言いたくなる素晴らしさ。
かなり自己主張をしていたのに神奈川フィルのサウンドの中に溶け込んでいる!
最後のドドドっと盛り上がっていくところでは、一瞬、腰を浮かして弾いていました。

ブラームスでの木管の音色も素晴らしかったです。
特にオーボエとクラリネット。
金管は、先週の第4番よりは安定していたと思いますが、やはり何箇所か、あらら…という場面は散見されてしまいました。

でも総じて言えば満足度の高い演奏会。
功労者はもちろん指揮者とコンサートマスターでしょう。

|

« ヴェロ/仙台フィル(2012/2/3) | トップページ | 沼尻竜典/読響(2012/2/6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/53910268

この記事へのトラックバック一覧です: ゲッツェル/神奈川フィル(2012/2/5):

« ヴェロ/仙台フィル(2012/2/3) | トップページ | 沼尻竜典/読響(2012/2/6) »