« デードワ(P)(2012/2/11) | トップページ | ヴァンスカ/読響(2012/2/14) »

2012年2月12日 (日)

仲道郁代(P)(2012/2/12)

2012年2月12日(日)14:00
サントリーホール

ピアノ:仲道郁代

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第7番
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番「熱情」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」
          ~第2楽章
(アンコール)
ショパン:練習曲Op.25-1「エオリアン・ハープ」(アンコール)
エルガー:愛の挨拶(アンコール)

普段、オケ偏重リスナーの私にとって、ピアノ・リサイタルは、アウェーの感覚があります。
この日もアウェー。
ただし、場所はホーム・グラウンド。
あたかも、QVCマリンフィールドに交流戦で阪神タイガースを迎えたようなものかもしれません(違うか…)。

それにしても、なんだかんだ言っても、一人でサントリーホールをほぼ満席にしてしまうのは凄いことです。
曲目に「テンペスト」、「月光」、「熱情」が含まれていたにしても…。
しかも、その大入りのお客さん、驚いたことに(失礼!)鑑賞マナーが結構良い!

ニックネームのない第7番を入れたあたりが“こだわり”と拝察しますが、やはり有名曲中心の演目は、私のようなピアノ曲初心者には嬉しい。
これがもし、オール・スクリャービン・プログラムだったら、チケットを買わなかったでしょう。
ただ、ポピュラーな分、耳は多少辛口になってしまいます。

良いと感じて聴き入ったのは緩徐楽章の方かもしれません。
「熱情」の第2楽章然り、アンコールに弾いた「悲愴」の第2楽章然り。
それに対して、第3楽章などの速いパッセージなどは、ここぞという所で少しだけ“力み”を感じた…と言ったら辛すぎるでしょうか。
仲道さんのベートーヴェンのCDの多くが、「レコード芸術」誌で特選盤になっていることは存じ上げていますが…。

アンコールの最後の曲、エルガーの「愛の挨拶」は、年1回のサントリーホールでのリサイタルに毎年来ている常連さんにはおなじみの、「これを弾かないと終わらない」曲とのこと。
私は“一見さん”なので、「すみません、初心者で…。」と思いながら聴かせていただきました。

ベートーヴェンのソナタにも良いところの方が多かったですし、聴きに来た甲斐があったとも思いますが、アンコールに弾いたショパンの方が、より「らしさ」が出ていたような気がしないでもありません。

…などと、偉そうに感想を述べてしまいましたが、私が聴いていたのはP席なので、本来は感想を述べる立場にあらず…かもしれません。
ただしピアノはステージ中央辺りに置かれていたので、協奏曲のときに比べれば、音響的なハンディは小さかったと思います。

前述のように、満場の聴衆の鑑賞マナーが驚くほど良かったのは慶賀のいたりですが、曲の最後の音が鳴り終わるいやいなやの拍手は少し残念。
あと、確か最後のアンコール曲の演奏中、客席から鈴が鳴るような音がかなり長く…。
0.05%の人のせいで…。

20120212p

|

« デードワ(P)(2012/2/11) | トップページ | ヴァンスカ/読響(2012/2/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/53965666

この記事へのトラックバック一覧です: 仲道郁代(P)(2012/2/12):

« デードワ(P)(2012/2/11) | トップページ | ヴァンスカ/読響(2012/2/14) »