« 新国立劇場「さまよえるオランダ人」(2012/3/11) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2012/3/13) »

2012年3月11日 (日)

新国立劇場バックステージツアー(2012/3/11)

2012年3月11日(日)
新国立劇場

バックステージツアー

「さまよえるオランダ人」終演後)

バックステージツアーは抽選です。
初めて当選しました。
費用は保険料200円。
アンケートに答えて、記念品(ボールペンとポストカード)をいただきました。
倍率はうろ覚えで「5倍と言ったっけ??」と思っていたら、ツィッターで教えて下さった方によると「7倍」とのこと。
普段の私はD席だから当選しなくて、この日は奮発してB席だったから当選した…のかどうかはわかりません。
(違うと推測しますけど。)

最初、1階席中央付近に座って、舞台上で行われている格納作業を見学。
いや~新国立のS席エリアって、初めて座りましたけど、抜群の眺めですね。
格納していたのは「オテロ」用の水を張るための水槽とのこと。
舞台下、奈落の底に降ろしていました。

その後、靴にカバーを付けるように指示され、立ち上がって、まず客席側からピットを覗く。
このピットは上下するそうで、下げれば音はこもり気味になる。
この日のピットは、やや深い方だけど、一番下までは降りていなかったとのこと。
高さを決めるのは指揮者だそうです。
あと、譜面を照らす照明用のコードがたくさん見えましたが、新国立はコンセントの数が多くて、他の劇場だったら、もっと凄い量のコードが床にあるはずとのこと。
最大120人くらい入れるピットで、この日は80~90人くらいだろうとのことでした。
指揮台はかなり高くなっているので、一番前の奏者も指揮が見えるに、最前列の奏者の席は高くなっていました。
指揮者を照らすスポットライトが天井に二つ。
一つが故障しても良いように、とのことです。
指揮者の姿が歌手が見るモニタ画面によく映るように、指揮者の後ろだけ壁が白くなっているとのことです。

その後、上手の袖へ。
楽屋は客席を囲むように地下に配置されているとのことで、移動中にちらりと覗けました。
新国立劇場は4面舞台で、上手、下手、奥にも、本舞台と同じスペースがあり、舞台装置を組んであって、すばやく転換できるそうです。
上手舞台の奥の扉が開いており、トラックがそのすぐ外まで来ていて、装置の搬出をしていました。
この日は中劇場の公演が終わったから、とのことで、滅多に見られない光景とのことでした。

その後、本舞台に移動し、「オランダ人」のセットの船の裏へ。
行ってみてびっくり、機械仕掛け、プラス、電子操作盤、プラス、送風機。
しかも、歌手が上り下りする階段は2列。
船の角度を30度にしたとき用と、40度にしたとき用ですって。
電子操作盤はタッチパネルのハンディ端末が一つと固定操作盤が一つ。
常時後ろに2人待機し、キューが出るのにあわせて船の動きを操作していたそうです。

その後、船の表側に移り、舞台の所々に設けられた“ふた”を開けて見せていただきました。
中には階段が設けられており、歌手の方は奈落の底からその狭い階段を上がってくるそうです。
しかも、その舞台装置は水平移動するので、階段を含めて二重構造になっているそうです。
その後、はるか上方に吊してあるゼンタの部屋の舞台装置が降りてくるところを見せていただきました。

プロンプターの入る場所も見せていただきました。

ここで写真撮影タイム。
舞台側は撮影しては駄目だが、客席側は撮影して良いとのことです。
歌手が指揮を見るためのモニタが8台見えました。(私の撮った写真ではわかりにくいですが、2つ、白く光っているのがそうです。)
この他に、ワゴンにのせた移動式のモニタもあるそうで、歌手の動きに合わせて設置するそうです。

舞台下手に移ると、そこはモニタと操作盤(卓)の世界。
舞台に一番近いところに舞台監督用のモニタと操作盤。
少し下がって、何人かが座れる操作盤と、モニタと、PCもたくさん。
舞台は、プログラミングして、コンピュータで制御しているそうです。

後は、小道具。
見た目は本物に似せてありますが、かなり柔らかい素材で、触らせてもらえました。
「アメガラス」とおっしゃっていましたが、要するに飴のような材質とのこと。
上演中、次々に投げつけられていたのは、この小道具ですが、船の後ろで操作盤を操作している人たちは、結構真剣に、飛んでくるのをよけているそうです。

その後、奥舞台を回って上手側からロビー(ホワイエ)に戻り、アンケートに答えて解散。

いやー、面白かったです。

201203111_2

201203112_2

201203113_2

|

« 新国立劇場「さまよえるオランダ人」(2012/3/11) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2012/3/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54198494

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立劇場バックステージツアー(2012/3/11):

« 新国立劇場「さまよえるオランダ人」(2012/3/11) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2012/3/13) »