« 室内楽「セントラル愛知響」(2012/3/18) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2012/3/20) »

2012年3月18日 (日)

寺岡清高/大阪交響楽団(2012/3/18)

2012年3月18日(日)15:00
すみだトリフォニーホール

指揮:寺岡清高
大阪交響楽団

(第15回 地方都市オーケストラ・
フェスティバル・特別参加)
ピアノ:長尾洋史

ヘンゼルト:ピアノ協奏曲
フランツ・シュミット:交響曲第4番

児玉宏さんの体調不良で指揮者と曲目の一部が変更になった演奏会。
代演の寺岡さんは、一週間前にウィーンから呼び戻され、ヘンゼルトは名前も知らなかったとのことです。
このヘンゼルトは当初の予定通り。

この、珍曲…と言って良いようなピアノ協奏曲は、意外にも…と言っては申し訳ないのですが、結構良い曲、かなり良い演奏だったと思います。
“知られざる曲”にありがちな「やっぱり歴史に残らなかったのは訳があるんだよね…」というような物足りなさを感じずに聴くことが出来たのは少々驚きでした。
珍曲?なのに暗譜で弾いた長尾洋史さんは、入魂の献身的な演奏。
長尾さんの好演なくして、この“驚き”はなかったと思います。
バックの寺岡さんも、一週間前に作曲家の名前も知らなかったとは思えない好リードで、オケも良く鳴っていました。

そして休憩後は、寺岡さんの希望で変更された曲。
他の予定されていた2曲をこの曲に変更したということは、寺岡さんはこの曲に自信を持っていたということでしょう。
全曲を貫く沈痛な趣きは時代性でしょうか?
プレトークで「今の時期に演奏するのにふさわしい曲」とおっしゃっていましたが、トランペットのソロで静かに始まり、最後もトランペットのソロで静かに終わる。
沈痛な印象ですが、途中経過は変化に富んでいます。
ロー・テンション一本槍の曲ではなく、強い感情や高揚した思い、喜び、あるいは救い…のような印象を受ける部分もあり、平板ではありません。
大阪での定期演奏会の後だけあって、演奏のクオリティも十分。
(…と偉そうに感想を言えるほど、この曲を知っておりませんが…。)

「こんな曲でお客さん入るのかなぁ…」と余計な心配をしましたが(有料入場者かどうかは私にはわかりませんが)1階席で見る限り、結構お客さんは入っていました。

20120318

|

« 室内楽「セントラル愛知響」(2012/3/18) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2012/3/20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54253349

この記事へのトラックバック一覧です: 寺岡清高/大阪交響楽団(2012/3/18):

« 室内楽「セントラル愛知響」(2012/3/18) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2012/3/20) »