« スクロヴァチェフスキ/読響(2012/3/20) | トップページ | 神奈川県民ホール「タンホイザー」(2012/3/24) »

2012年3月23日 (金)

インバル/都響(2012/3/23)

2012年3月23日(金)19:00
東京文化会館

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団

(第730回定期演奏会Aシリーズ)
チェロ:宮田大

チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第4番

凄まじい演奏、凄まじい曲。
上野にしては珍しく(?)、“一般参賀”になりました。

ショスタコーヴィチの、このいびつな時間構成の…いや、いびつなのは時間だけではない、この交響曲は、まるでインバルさんと、都響と、東京文化会館の音響を念頭に書かれた曲であるかのように思えてきます。
第1楽章では、鉄のカーテンがスキップしながら突進してくる幻覚を覚えるような、のけぞりたくなる不気味な音の塊の連続、容赦なし。

最終楽章は、何度も、何度も、何度も、繰り返し、繰り返し、ナイフでえぐられるような、おどろおどろしい瞬間の連続。
低弦のうねり、ヴァイオリンやフルートの絶叫、金切り声。
緊張感は片時も途切れず。

コンサートマスターの矢部さんのソロにも脱帽。
「あれ?ファゴット?」
「あれ?今度はクラリネット?」
…ずっと矢部さんのヴァイオリンのソロの音でした。

それにしても、この、憂うつ極まりない緊張の連続を、良くぞここまで音にしたものです。
作曲家も、指揮者も、オケのメンバーも。

ある意味、デジタル情報の集まりでしかない(失礼!)総譜を、物凄い精度で高速に読み取り、補完機能(?)を駆使してオーケストラというアナログな音に変換する、超高級D/Aコンバータのインバルさんのの指揮。
凄すぎます。

後半が凄かったので、前半の驚きの印象が薄れてしまいましたが、休憩前の宮田大さんのソロによるロココ風の主題による変奏曲もかなりのものでした。
聴く前はちょっと曲を軽く見ていましたけど、なんとなんと、「こんなに魅惑的な曲でしたっけ?」と言うくらい絶妙なソロ。
雑な音は皆無。
丁寧。
丁寧だけど、縮こまっていなくて十分すぎるほど自己主張。
伸びやか、ささやき、陶酔など、多彩極まりないチェロの音です。
バックのオケも自在でしなやかに支え、この曲も、都響定期で演奏されると、こんな立派な音になるのね(失礼!)と、私にとっては、目から鱗の演奏でした。

|

« スクロヴァチェフスキ/読響(2012/3/20) | トップページ | 神奈川県民ホール「タンホイザー」(2012/3/24) »

コメント

激しい演奏会でした。まだ余韻(というか余震とでも言った方がいいかも)に、脳の一部が占拠されているような感じがします。
有無を言わさぬ突進力のある演奏では、インバル=都響は圧倒的ですね。

投稿: 黒猫 | 2012年3月26日 (月) 22時48分

黒猫さま
あの日の夜は、悪夢にうなされるのではないかと心配しながら布団に入りました。(笑)
もし、音を消してロビーのモニター画面で映像だけ見たら、ひょうひょうと振っている(ように見える)指揮者に、平然と演奏している(ように見える)オケのメンバーで、とても、あんな音が鳴っているとは思えない画像でしょうね。
しゃかりきになって振らなくてもあんな凄い音が鳴る。
いや、リハーサルやその準備は、メンバーの皆さん、大変だったのかもしれませんが、そんな素振りを見せないところがプロ!ですね。

投稿: 稲毛海岸 | 2012年3月26日 (月) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54292115

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/都響(2012/3/23):

« スクロヴァチェフスキ/読響(2012/3/20) | トップページ | 神奈川県民ホール「タンホイザー」(2012/3/24) »