« 齊藤一郎/セントラル愛知響公開リハーサル(2012/3/25) | トップページ | 齊藤一郎/セントラル愛知響(2012/3/25) »

2012年3月25日 (日)

室内楽「群響」(2012/3/25)

2012年3月25日(日)13:00
すみだトリフォニーホール(小ホール)

第15回地方都市オーケストラ・フェスティバル
室内楽コンサート「群馬交響楽団」

第1ヴァイオリン:水谷 晃(コンサートマスター)
第2ヴァイオリン:秋葉美果(第2ヴァイオリン首席奏者)
ヴィオラ:加藤大輔
チェロ:長瀬夏嵐
クラリネット:野田祐介
(クラリネット第一奏者)

ハイドン:弦楽四重奏曲Hob.III-79
モーツァルト:クラリネット五重奏曲イ長調K.581
モーツァルト:クラリネット五重奏アレグロ変ロ長調
(アンコール)

こちらも抽選に当選しました。
無料です。

よくある開演前のロビー・コンサートみたいな軽い気持ちで入場したのですが、意外や意外、驚きのクォリティ、真剣勝負。
やはりわが国では、難関を突破してオケの首席奏者として採用された若手の演奏家の皆さんの力量は、あなどれないものがあります。
(これは群響だけでなく、都響でも感じましたし。)

ふだん同じオケで弾いている響きの同質性は室内楽でも不可欠の要素。
そこに、ふだん指揮者にしごかれて知っているスケールの大きさ、アグレッシブな姿勢が加わる。
私はふだん群響をあまり聴かないのでわかりませんが、群響のリピーター・リスナーなら「ミニ群響」と思ったのではないかと想像しました。
(これは群響だけでなく、都響でも感じましたし。)

このメンバーによる四重奏、五重奏、もっと聴いてみたい!!
こんなクオリティの高い演奏を無料で聴かせていただいて申し訳ないくらいです。

201203251

20120325

|

« 齊藤一郎/セントラル愛知響公開リハーサル(2012/3/25) | トップページ | 齊藤一郎/セントラル愛知響(2012/3/25) »

コメント

コンマス水谷くん、いかがでしたか?
いきいきとした演奏ぶりももちろんですが、聴いてる人の反応をちゃんときっちりと受け止めて弾いてるに違いない余裕が伝わってくる、あの笑顔。
私は先週の王子ホールで間近で聴き、その堂々とした弾きっぷりに、わくわくしてしましました。
楽しみな人が、また出てきてしまいました。
やれやれ。

投稿: oyamanoneko | 2012年3月26日 (月) 15時07分

さすがは国内最年少コンマスだけのことはあると感心しました。
私は残念ながらあの笑顔に“父性本能”はくすぐられませんでしたが、奏でる音は十分に惹きつけられるものがあると思いました。

投稿: 稲毛海岸 | 2012年3月26日 (月) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54306998

この記事へのトラックバック一覧です: 室内楽「群響」(2012/3/25):

« 齊藤一郎/セントラル愛知響公開リハーサル(2012/3/25) | トップページ | 齊藤一郎/セントラル愛知響(2012/3/25) »