« 神奈川県民ホール「タンホイザー」(2012/3/24) | トップページ | 室内楽「群響」(2012/3/25) »

2012年3月25日 (日)

齊藤一郎/セントラル愛知響公開リハーサル(2012/3/25)

2012年3月25日(日)11:00
すみだトリフォニーホール

指揮:齊藤一郎
セントラル愛知交響楽団

(第15回地方都市オーケストラ・
フェスティバル公開リハーサル)
リコーダー:鈴木俊哉
チェロ:多井智紀
箏:野村祐子
尺八:野村峰山

木下正道:「問いと炎II」リコーダー・チェロとオーケストラの為の(世界初演)
水野みか子:レオダマイア~尺八、箏と管弦楽のための~(管弦楽版世界初演)

抽選に当選しました。
無料です。

最初に斉藤さんが「木下さんの曲はオケが7群に分かれています」と解説。
弦楽1、2、木管1、2、金管、打楽器、チェレスタとハープ。
ゲネプロだけあって、全曲通し。
その後、客席で聴いていた作曲の木下さんが譜面を持ってステージに上がり、「ここはこうして下さい」というようなお願いを何カ所も。
演奏のし直しはなくて、この曲はこれでリハーサル終了。

終了後は通常のオケの並びに配置転換、7~8分。

2曲目は水野みか子さんの曲。
この曲は何箇所か止めてやり直し。
全曲通した後も、作曲家の水野さんが何か言う前に、指揮者が指示して一部やり直し。
その後、同様に客席で聴いていた水野さんからのお願い。
こちらはそれほど多くない。
逆にオケのメンバーから質問が出たりしていました。

指揮の齊藤一郎さんの要所での解説、配置転換中の事務局の方のお話しも面白い。
1年前の中止になった演奏会の曲目で、1年越しの世界初演。
木下さんの曲は、当初演奏しようとした「問いと炎」(I?)に読経が入っており、お坊さんに出演を依頼したら「お彼岸はかき入れ時なので」と断られたとのこと。
それで木下さんが「じゃあ、もう一曲書くよ」と言って書いたのが、この日に初演する「問いと炎II」とのこと。
初演間際に完成した野平一郎さんのゴルトベルク変奏曲も、この1年、加筆あり。
指揮者の総譜の読み込みも万全とのことでした。

Img_1129

|

« 神奈川県民ホール「タンホイザー」(2012/3/24) | トップページ | 室内楽「群響」(2012/3/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54306858

この記事へのトラックバック一覧です: 齊藤一郎/セントラル愛知響公開リハーサル(2012/3/25):

« 神奈川県民ホール「タンホイザー」(2012/3/24) | トップページ | 室内楽「群響」(2012/3/25) »