« 秋山和慶/広響(2012/3/27) | トップページ | インバル/都響(2012/3/30) »

2012年3月29日 (木)

インバル/都響(2012/3/29)

2012年3月29日(木)19:00
サントリーホール

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団

(第731回定期演奏会Bシリーズ)
メゾソプラノ:イリス・フェルミリオン
テノール:ロバート・ギャンビル

マーラー:亡き子をしのぶ歌
マーラー:大地の歌

インバルさんと都響によるマーラー・ツィクルス2012が9月に始まりますが、実質的にはこの日が初日でした。
これ以上ないような素晴らしい幕開け!
初心者で申し訳ありませんが、「大地の歌」の曲の素晴らしさは、私はこの日になってようやく、初めてわかったかもしれません。

終演後は、オケが引き上げた後の“一般参賀”。
インバルさんと歌手のお二人、3人揃ってのトリオ・カーテンコール(と言うのでしょうか??“ソロ”・カーテンコールではないですしね。)。

一曲目のフェルミリオンさん独唱の「亡き子をしのぶ歌」は、私は、さほど聴き込んでいる曲ではないのですが、オーケストラ・パートが完璧に磨き上げられています。
声の方は、私はP席で聴いていましたので、方向がハンディ大。
しかし、無理して声を張り上げている様子はなく、情感込めて、後方にもかなり響く余裕の声量だったと思います。

後半の大地の歌も、同じくP席で聴いていると、方向的には歌手の声には大きなハンディ。
テノール < メゾ・ソプラノ < オケ、これは致し方ない。
仮に、P席の中でも、横方向に移動したら、音響的に、メゾ・ソプラノ < テノールになっていたかもしれません。
歌手が舞台裏で歌っているかのように聴こえてしまうのはP席の宿命。
でも全く不満なし。
さながら「大地の歌」リアル・カラオケ状態の音響ですが、そのカラオケ(失礼!)の見事なこと!!
プログラム冊子には、“交響曲”「大地の歌」との記載ですが、P席で聴くと、これはもう交響曲以外の何者でもない。
凄い音が鳴っているのですが、熱演でも爆演でもなく、オケの皆さん、平然と弾いている様子。
インバルさんもちっとも力んでいなくて、冷静に、ひょうひょうと合図を出す。
それがこんな音に成る(鳴る)のだから、このコンビの相性は凄過ぎます!

この日は、私の近くの席の人の鼻息が耳障りでした。
普通ならそういうときは集中力をそがれ、怒り心頭に発するところなのですが、なぜかそんなことにはならず、かなり演奏に惹きつけられ、堪能していました。
私みたいな心の狭い人間でも。
…と言うことは、演奏が凄過ぎたと言うことかもしれません。

P席で聴く、リアル・カラオケ状態の大地の歌。
マイク乱立で、おそらくCD化されるのでしょうが、CDではこの日の私の体感、リアル・カラオケ状態は味わえないでしょう。
いや歌手のお二人も良かったですよ。
特に、私の席の位置からだと、メゾ・ソプラノのフェルミリオンさん。
「正面で聴きたいっ!」と思いましたから。

|

« 秋山和慶/広響(2012/3/27) | トップページ | インバル/都響(2012/3/30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54341101

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/都響(2012/3/29):

« 秋山和慶/広響(2012/3/27) | トップページ | インバル/都響(2012/3/30) »