« インバル/都響(2012/3/29) | トップページ | 新国立劇場「オテロ」(2012/4/1) »

2012年3月30日 (金)

インバル/都響(2012/3/30)

2012年3月30日(金)19:00
サントリーホール

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団

(都響スペシャル)
メゾソプラノ:イリス・フェルミリオン
テノール:ロバート・ギャンビル

マーラー:亡き子をしのぶ歌
マーラー:大地の歌

一般参賀、この日は2回。
退団される楽員さんへの花束贈呈もあって、会場は熱狂の嵐!!
オケのメンバーが引き上げた後の舞台に2回呼び戻された指揮者と独唱者。
その後ろの方では、退団する楽員さんがメンバーから握手攻めに。
そこへ歩み寄る指揮者と独唱者。
先日のスクロヴァチェフスキさんと読響の演奏会でも思ったのですが、退団される楽員さん、さみしいことは確かですが、場内総立ちで熱狂的な一般参賀が繰り広げられる、こんな演奏で最後を飾れたのは、幸せな気持ちなのではないでしょうか?
涙よりも、満面の笑顔こそが似合う、ラストステージだったのでは?。

この日の席は、前日と同じP席ですが、位置関係が昨日とはかなり違うので、声も比較的よく聴こえました。
ハジの方で前方だったので、たぶん、直接音と壁からの反射音が多かったものと思われます。
亡き子をしのぶ歌では、歌唱の起伏が昨夜よりもはるかに多く感じられました。
これは素晴らしい!
1階S席エリアの皆さんの大盛り上がりの気持ちが、昨夜よりもよくわかります。

大地の歌で、昨夜の私の席の位置では、口をパクパクさせているようにしか見えなかったテノールも、気迫の熱唱であったことが本日判明!
位置的にメゾソプラノ優位の場所でしたが、1階S席エリアで聴いたら、おそらく対等だったことでしょう。
昨夜は夢中で聴いていたのであまりわからなかったのですが、本日、比較的冷静に聴いていると、オケの皆さん、平然と…、淡々と…、難なく弾いているようでいて、表情付けやアクセントがめちゃくちゃ細かい。
それなのに音楽としては大河の流れ。

私は昨夜よりも冷静に聴いていたにもかかわらず、昨夜よりも興奮したのは、席の位置、2日目の演奏、退団される楽員さんなど、様々な要素があったと思します。
1階S席の皆さんの熱狂は、少し羨ましかったです。
しかし、この熱狂の空間に居合わせたことは、望外の喜びです。

|

« インバル/都響(2012/3/29) | トップページ | 新国立劇場「オテロ」(2012/4/1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54348608

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/都響(2012/3/30):

« インバル/都響(2012/3/29) | トップページ | 新国立劇場「オテロ」(2012/4/1) »