« カンブルラン/読響(2012/4/22) | トップページ | 新国立「ドン・ジョヴァンニ」(2012/4/29) »

2012年4月28日 (土)

インバル/都響(2012/4/28)

2012年4月28日(土)14:00
サントリーホール

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団

(プロムナードコンサートNo.348)
クラリネット:佐藤路世(都響首席奏者)

ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲
ウェーバー:クラリネット協奏曲第2番
ドヴォルザーク:交響曲第7番

都響公式ツィッターの「5回連続券の受け付け最終日です」という悪魔のささやきの誘惑に勝ち、一回券で入場。
最近の私は、昼食後の公演で眠くなってしまうのが続いていましたが、この日は全く大丈夫でした。
法則は自分でもよくわかりませんが、ゴールデンウィーク初日の、のんびりとした気分を吹き飛ばされるような壮絶な演奏でした。

インバルさまが振ると「魔弾の射手」序曲が「協奏曲の前にとりあえず一曲」などではなく、“凄み”を帯びます。
ざわめきのように始まり、うねり、急速展開し、高らかに…。
この曲のこんな演奏、生で聴いたことがない…と思えてきます。
まったく容赦のない、いや、手抜きのない、真剣勝負!

クラリネット首席奏者の佐藤路世さんによるウェーバーのCl協奏曲第2番は「ああ、都響の音は、こういう名手によって構成されているんだよね!」と再認識。
柔らかい音はまさにミニ都響ですが、ソリストとしての存在感も十分。
バックのインバルさまの指揮する都響も万全の「共」演、「協」演。
さすがに緊張されていたのかな?
演奏ではそれは微塵も感じなかったのですが、演奏終了後のカーテンコールでは、多少、周りが見えていないぎこちなさ。
でも、それはそうでしょう。
バックはインバルさまの指揮する都響ですし、都響の主催公演ですしね。

休憩後のドヴォルザークの交響曲第7番は、揺らす!煽る!凄まじい!
基本、早めだと思いますが、緩急ならぬ、急・急・自在。
インバルさまの揺さぶりに一糸乱れず追従する都響の底力!
そうは言っても、コンミスの四方さん、結構必死で何度もオケの方を見ていたのかな?
第1楽章と第2楽章、第3楽章と第4楽章を間合いを置かずに指揮。
オケのメンバーも会場の聴衆も、緊張感が全く途切れず、ホールの空間が、異様な熱気をはらんだインバル・ワールド、トランス状態!

インバルさまと都響のドヴォルザークの本番を聴いたのは、たぶんこの日が初めてです。
3月の9番の日は日程が合わず、2010年6月の8番は、公開ゲネプロで聴いて度肝を抜かれたのですが、本番は完売で聴けず。
おそらく本番はもっと凄かったのでしょう。

ドヴォルザーク:交響曲第7番での、新・首席オーボエ奏者は、部分的に気負い過ぎ?の感もあったような気がしますが、入団して1ヶ月目でこんな演奏に巻き込まれたら無理もないですかね?
見た目・爆演でも、粗雑にならない現在の都響のハイクオリティ。
1ヶ月目としては上々、期待大です。

今回の3月~4月のインバルさまと都響の公演は、1公演(「新世界」の日)を除いて、残りは全て聴いてしまったことになります。
インフルエンザ発症で行けなくなった1月定期を振り替えた結果、「大地の歌」2日連続になったときは、さすがに体力に自信が無かったですが…。
ちなみに、1月にインフルエンザに感染した時に処方された薬は「イナビル」。
その時に行けなくなった1月定期を振り替えた3月の都響スペシャルの指揮者は「インバル」。
語感が似ているのは単なる偶然です。(つまらなくてすみません。)

この日もマイクが多数設置してありました。
もしかして、3月~4月のインバルさまと都響の公演は、全公演CD化ですかね?
今回インバルさまが離日する際に、空港でゴールデンウィークの出国ラッシュに巻き込まれて、「4月下旬に日本に居るのはもう嫌だ!」と思わないことを祈ります。

|

« カンブルラン/読響(2012/4/22) | トップページ | 新国立「ドン・ジョヴァンニ」(2012/4/29) »

コメント

サントリーホール隣りの桜坂の木々が、すっかり若々しい淡い緑に変わりましたね。インバル=都響の3-4月は素晴らしい演奏を度々聴かせてくれました。感謝です。
今日はGW初日のためか、演奏会が始まるまではどことなく穏やかな雰囲気でした。ただ、インバルさんは相変わらず激しい。彼の振るドヴォルザークは、チェコフィルよりも都響の方が「自分の音楽」になっているはず、と確信できる、今日もまさにやりたい放題(失礼)の快演でしたね。
9-10月の再来日が楽しみですが、時期的にカンブルランやスクロヴァチェフスキ、アルミンクやラザレフ等のお歴々の来日とも重なるので、できれば各オケでもう少しスケジュールを平準化して戴きたいとろではあります。(虫のよい要望ではありますが。)

投稿: 黒猫 | 2012年4月28日 (土) 22時04分

黒猫さま
いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
おっしゃる通り、日程重複での在京オケの競争は熾烈なものがありますね。
もちろん高水準の演奏での協奏ですが…。
やっぱり、それぞれのシェフがじっくり付き合ってくれているのが大きな要因のひとつだと思います。

投稿: 稲毛海岸 | 2012年4月29日 (日) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54580417

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/都響(2012/4/28):

« カンブルラン/読響(2012/4/22) | トップページ | 新国立「ドン・ジョヴァンニ」(2012/4/29) »