« 宮本文昭/東京シティ・フィル(2012/5/26) | トップページ | 佐渡裕/日フィル(2012/5/27) »

2012年5月26日 (土)

スダーン/東響(2012/5/26)

2012年5月26日(土)18:00
サントリーホール

指揮:ユベール・スダーン
東京交響楽団

(第600回定期演奏会)
《定期演奏会600回記念公演》
メゾ・ソプラノ:ビルギット・レンメルト
テノール:イシュトヴァーン・コヴァーチハーズィ

モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
マーラー:大地の歌

盤石の首位と思えた都響に強敵現る!
インバルさんと都響の圧勝と思えた“在京オーケストラ・リーグ”のマーラー交流戦。
スダーン監督と東響の「大地の歌」が驚異の名演で首位肉薄!
これは都響も、うかうかしていられない!?

当初、タクシーも選択肢に入れていたハシゴ。
ティアラこうとうでは、最後まで拍手していましたが、住吉駅へ向かう歩道が満杯になる前に会場を出ることが出来たので、地下鉄で余裕でした。
住吉~永田町~六本木一丁目。

驚異のメインディッシュ「大地の歌」だけでなく、前半にスダーン監督式(色、指揮)のモーツァルトという、前菜ならぬハーフコース?くらいのご馳走がついた演奏会。
600回という“区切り”の回数は、かつてほど重みをつけて語られなくなっている昨今ですが、600回記念にふさわしい、素晴らしい演奏でした。

モーツァルトの「ハフナー」 は、私にとっては(東響にとっても)日曜日のモーツァルト・マチネの続き。
スダーン監督のピリオド風だけど、音が痩せすぎず、クールでもホットでもない、常温の?モーツァルトがこうして何回も聴けるのは、本当に嬉しいことです。
日曜日のモーツァルト・マチネでは違う奏者の方だったバロック・ティンパニは、今日はいつもの奥田さん。
まあ、ホールと席の位置の違いの方が大きいのでしょうけれど、私は今日の演奏でのティンパニの音量の方が、より好ましく感じます。
コンマスは同じニキティンさんでした。

前半のモーツァルトで、もう幸せいっぱいの休憩時間。
しかし 、休憩後のマーラー「大地の歌」は、驚異の「音響」。
あまりドロドロしていないスッキリ系のマーラーは、私にとっては「音響」と呼ぶのがふさわしい…かも…。
スダーン監督のマーラーって、私はこれまであまり聴いた記憶がありません。
こういうマーラーだとは想像していませんでした。
(違うよ!と叱られるかもしれませんが)どことなく、デヴィッド・ジンマンさんのマーラーを想起させるピュア・トーンのサウンド。
東響の木管、強し!
歌手のお二方は、私の席だと逆側になるので、脳内補正回路を駆使して想像するしかないのですが、 尻上がりに高揚していった印象。
(音量が上がったという意味ではなく。)
おそらくそれを引き出したのは、バックの東響の素晴らしい音色だったのではないでしょうか?

「レコード芸術」誌の4月号で、スダーン監督は、2014年の契約満了で「10年というのはひとつの区切り」「そろそろ新しい方に交代すべきタイミングかもしれません」と語っています。
しかし、この日のような演奏を聴くとポスト・スダーン(スダーン後)の東響は、なかなかイメージしにくいのです。
もちろん、まだ、退任と決まったわけではないのでしょうが…。

|

« 宮本文昭/東京シティ・フィル(2012/5/26) | トップページ | 佐渡裕/日フィル(2012/5/27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54806009

この記事へのトラックバック一覧です: スダーン/東響(2012/5/26):

« 宮本文昭/東京シティ・フィル(2012/5/26) | トップページ | 佐渡裕/日フィル(2012/5/27) »