« スダーン/東響(2012/5/26) | トップページ | 小泉和裕/新日本フィル(2012/5/29) »

2012年5月27日 (日)

佐渡裕/日フィル(2012/5/27)

2012年5月27日(日)14:30
サントリーホール

指揮:佐渡裕
日本フィルハーモニー交響楽団

(第350回名曲コンサート)

マーラー:交響曲第6番「悲劇的」

ラザレフさんが大掃除して帰った後とは言え、これだけの音を「きれいに」を鳴らした日フィルは本当に素晴らしい。
こういう、きれいすぎるマーラーは好悪が分かれるかもしれないが、ここまで徹頭徹尾、徹底されると、好みを超越して、お見事!と言うしかありません。

きれいに、ストレートに、シンフォニック!
人工美を感じるような音づくり。
そう、あの、最近、NHKで1シーンがよく放映される、ベルリン・フィルとのショスタコーヴィチの5番の音と印象がそっくり。
ここまで来れば、スタイルなのでしょう。

ドロドロしたところをあまり感じないマーラー。
しかし、前日に聴いたスダーンさんと東響による、ピュア・トーンと言いたくなるような音とも全く違います。
良い意味での「騒々しさ」のような、外に発散するサウンド。
それでも第3楽章は、永遠に続いてほしいほどの美しさでした。

私は、最初のうちは、割りと冷静に聴いていて、途中から少し眠くなり(←演奏のせいではなく、私の個人的体調が原因です)、それでも第3楽章の美しさには心底酔い、第4楽章も冷静に観察していたつもりだったのですが、最後は音にねじ伏せられて、興奮してしまいました。

好きなタイプの演奏か?と問われれば少し躊躇すると思います。
今日の私の体調だと、少し聴き疲れします。
しかし、最近の客演はさほど多くはないと思われる日フィルに、これだけ自分の音(←たぶん)を徹底してしまったのは、さすがと言わざるを得なません。

この日は、演奏会開始前にオケが入場している間、拍手がずっと続き、外来オケ並み?
客席は佐渡さんのファンと思われる御婦人が多かったようですが、鑑賞マナーは良い時の定期演奏会並みに良かったです。
最後の音が消えた後、それなりに静寂も保たれました。

第2楽章がスケルツォでの演奏。
私はまだこちらの順番の方がしっくり来ます。
そしてこの日の第3楽章は、人工的であるにせよ、本当に美しかった。
もしマーラーがここで筆を折ったら、ブルックナーの9番と並ぶ未完の傑作となったのでは?とさえ思いました。

|

« スダーン/東響(2012/5/26) | トップページ | 小泉和裕/新日本フィル(2012/5/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54812158

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡裕/日フィル(2012/5/27):

« スダーン/東響(2012/5/26) | トップページ | 小泉和裕/新日本フィル(2012/5/29) »