« 小林研一郎/日本フィル(2012/6/15) | トップページ | 大野和士/都響(2012/6/18) »

2012年6月16日 (土)

新国立劇場「ローエングリン」(2012/6/16)

2012年6月16日(土)14:00
新国立劇場

ワーグナー:ローエングリン

「シュナイダーさんとフォークトさんの」という上演らしいことはネット上のクチコミ(大評判!)で伺っておりましたが、確かに、その通り。
オケは東フィルとは思えないほど(失礼!)素晴らしいですし、フォークトさんの声は、この世のものとは思えないほど甘美(完美!)。
しかし、フォークトさんの独り舞台…というわけでもなく、総合的に素晴らしかったのではないでしょうか?
確かにフォークトさんが“頭2つ”くらい、上に出ているのかもしれませんが、それは彼が素晴らし過ぎるのであって、他の役の皆さんも、十分に素晴らしいと言って良いと思いました。

フォークトさんの声を「ホルンの音色のような」とか「少年の声の(面影を残した)ような」という形容を、ネット上で拝見しましたが、実際に体感してみて、なるほど、本当にその通り!と思いました。
この声はくせになりますね。

演出は評判はいまひとつのようですが、プログラム冊子記載の「最小限の舞台装置で空間を大きく設定し、演技によって表現する」というコンセプトとしては、音楽の邪魔をせず、それなりによく出来ていたと私は思いました。
ただ、こういうやり方は、再演の時にも徹底できるかな?という疑問も少々。

この演出は、私のレベル(←低いです)では、斬新な切り口と言うよりは、比較的正攻法なのかな…と思いました。
視覚的疲労感を感じないという意味では、指揮者の作る音楽を邪魔されずに楽しむことが出来ました。
しかし写実的ではなく、多少抽象化した舞台なので、それなりに新しさも?

第2幕の最初の方は、あまりにも広い空間でポツンと演じられて、まあ、それは演出の意図かもしれませんが、視覚的にはともかく、ある意味、反響板の役割をする舞台装置が後方のパネルだけで、歌手には酷な条件だったかもしれません。
そういうことを考慮すれば、十分な歌唱と言って良いと思います。
後半、フォークトさんが出てきて声を出すと、それはもう、美しすぎて、身体の力が抜けます。
力強いという感じではなく、迫力はあまりない?
いや、声量は十分に劇場の空間の隅々まで染み渡っています。
うるささを全く感じさせない極上過ぎる声の美しさがそう感じさせるのかな。

演出は、意地悪い見方をすれば「経費節減?」という気もしますが、照明効果と群衆(合唱)を含めた人の動き、仕草で、いろいろと効果を出している場面もあり、私のレベルでは、まあ、不満は特にありません。
(絶賛もしませんけど。)

第3幕はもう、涙が出そうなくらいの至福の時空の連鎖。
フォークトさんの声は形容し難い美しさ。
シュナイダーさんの指揮するオーケストラの音も、これが東フィルですかという(失礼!)美しさ。
…いや、音色だけでなく、細部の微妙な表情付けやテンポ感など、よくぞここまで!
シュナイダーさんの指揮は、2007年の「ばらの騎士」の時は、極上の響きの中で、ところどころ荒々しい音が混在している印象もありましたが、今回は終始一貫、徹頭徹尾、極上の響きでした。

やはり「シュナイダーさんとフォークトさんの」ローエングリンであったことは確かですが、総合的にみても、十分素晴らしい上演だったと言って良いと思います。
カーテンコールでのフォークトさんとシュナイダーさんへのブラボーは凄まじいものでしたが、他の歌手の皆さんにも、まんべんなく熱い拍手が贈られていました。

最終日のチケットを買ったのは大正解。
こんな上演を観せられたら(魅せられたら)また何回でも観に(聴きに、が正確かな?)来たくなってしまいます。
しかし、もう明日以降、公演はありません。
お財布にも優しい!
その上、日程重複が懸念された先週の日曜日は、飯守泰次郎さんのオランダ人も聴けました。

後は蛇足ですが、愚痴を少々。

この日は第1幕で、コンビニの袋のガサゴソ音で度重なる妨害を受けました。
第2幕からは袋を床に置いたのか、ガサゴソ音はおさまったのですが、今度は何度も身を乗り出して、その度に後ろの人から座席の背もたれを蹴られて、それでも何度も身を乗り出して、全く懲りない方でした。

苦情が出たのか、第2幕が始まる前に、係のおねえさんが近くに来て「周りのお客様にご配慮いただき、お静かに鑑賞いただきますよう、お願いいたします」と肉声で注意。
その係のおねえさんに近くの人が「ちゃんと、シャカシャカやるな、と言わないと駄目だよ(笑)」と突っ込んでいて、係のおねえさん、微笑のまま固まっていました。

おまけに、駐車場で通路に駐車したとかで、品川ナンバーの車の呼び出しアナウンスが何度も…。
場内失笑。

毎回思うのですが、新国立の「身の乗り出しにご注意下さい」という意味の曖昧な日本語のアナウンスはいかがなものでしょうか?
英語のアナウンスは私の低レベルの英語力ではよく聞き取れませんが、「あなたの後ろの視界」というようなことを、ちゃんとわかるように(と言うか、論理的に)言っているような気がするのですが…。

…と、こんな状況下においても、こんなに楽しめたのは、素晴らし過ぎるシュナイダーさんとフォークトさんのおかげです。

スタッフ
【指揮】ペーター・シュナイダー
【演出】マティアス・フォン・シュテークマン
【美術・衣裳】ロザリエ
【照明】グイド・ペツォルト

キャスト
【ハインリッヒ国王】ギュンター・グロイスベック
【ローエングリン】クラウス・フロリアン・フォークト
【エルザ・フォン・ブラバント】リカルダ・メルベート
【フリードリヒ・フォン・テルラムント】ゲルト・グロホフスキー
【オルトルート】スサネ・レースマーク
【王の伝令】萩原潤
【4人のブラバントの貴族】大槻孝志/羽山晃生/小林由樹/長谷川顯

【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

201206161

201206162

201206163

|

« 小林研一郎/日本フィル(2012/6/15) | トップページ | 大野和士/都響(2012/6/18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54981332

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立劇場「ローエングリン」(2012/6/16):

« 小林研一郎/日本フィル(2012/6/15) | トップページ | 大野和士/都響(2012/6/18) »