« 新国立劇場「ローエングリン」(2012/6/16) | トップページ | ブッフビンダー(P)(2012/6/19) »

2012年6月18日 (月)

大野和士/都響(2012/6/18)

2012年6月18日(月)19:00
サントリーホール

指揮:大野和士
東京都交響楽団

(第736回 定期演奏会Bシリーズ)
ヴァイオリン:庄司紗矢香

シェーンベルク:浄められた夜
シマノフスキ:ヴァイオリン協奏曲第1番
バルトーク:管弦楽のための協奏曲

ひやりとしましたが、それを含めてさえも、素晴らしかった!!と言わざるを得ません、私は。

冒頭の「浄められた夜」は、比較的クールな音と言って良いのでしょうか?
甘ったるくはなく、ある意味、スタイリッシュかもしれません。
それにしても、大野さんがしゃかりきになって振らなくても、平然とこういう音を出してしまう都響は、素晴らし過ぎます。
もちろん、大野さんは、目配りと手配りに抜け目はありません。
しかし、新国立の「トリスタン」で感じたような「千手観音」のような場面は、無いことはないですが、かなり少ない。
そこまでしなくても、大野さんの音が出ているのでしょう。

1曲目ですでに満腹なくらいでしたが、舞台の配置転換に少々時間を要したため、聴き手の私は少し落ち着いてから、庄司紗矢香さんの登場を待ちました。
シマノフスキの複雑な音の交錯と、それを貫いて伸びる独奏ヴァイオリン!
エキサイティングというのと少し違い、冷静に構築した音の万華鏡の見事なこと!!
粗雑な音は皆無、驚異的な音響でした。
紗矢香さんがシマノフスキを弾いて下さったことに感謝!
来日オーケストラとセットのソリストだと、こういう曲は、なかなか聴けないでしょう。

再び満腹感を感じての休憩時間。
1曲目が終わって「今日はこれでおしまい」と言われても、2曲目が終わって「今日はこれでおしまい」と言われても、どちらでも「そうですか」と納得してしまいそうな体感。

後半のバルトークは、一瞬、「何が起きたの?」という箇所、あと、「少しだけ音の出が…」という箇所が何箇所かあったような気がします。
しかし、それらを含めてさえも、私が今までに生で聴いた数少ない大野さんの指揮の中で、ベストの演奏だったかもしれません。

5年くらい前に、大野さんが別の在京オケで幻想交響曲を振ったことがありました。
私はその迫力に圧倒され、大興奮でしたが、しばらくして、音楽雑誌に載った演奏会評が「粗野になってしまったのは残念だった」。
その時は、「あの演奏を、粗野としか感じられない評論家の先生は、なんとかわいそうな…」と思いました。
しかし、今夜の都響の上質の音を聴くと、確かにあの時は粗野だったのかもしれないと思えてきました。
本当に、本当に、大音量でもうるさくならず、上質の音でした。
「大野さんの望む音は、こういう音だったんだ!」と、ようやく大野さんの本当の音に巡りあったような気分。
もっとも、私の場合、席がたまたまハズレだった時も何回かあるので、あくまでも私個人としての印象です。
この日は席の位置も、音響も、万全でした。
都響は大野さんの望む音を、かなりのレベルまで鳴らすことが出来る素晴らしいオケだと再認識。
アクセルをめいっぱい踏んでスピードを上げても、余裕で加速する、排気量の大きな高級車のよう。

かように素晴らしい、上質の演奏だったのに“一般参賀”にならなかったのは、ひやり!のためでしょうか?
もちろん、生演奏にひやり!は致し方ありません。
ただ、プロたるもの、その直後に顔を見合わせたり、カーテンコール中に譜面をひっくり返して反省を始めるのはいかがなものか?…と思ったことも事実です。

大野さんは、ひやり!の後の曲間の時も、さすがに表情は変えませんでした。
何度か大きくまばたきはしました。
そうやって平静さを保った様子。
そして、実際、その後の指揮に、あまり影響はひきずらなかったように見えました。

プロは、ひやり!としても、舞台上で、素人にわかるような態度をとったりしない方が良いと思います。

なお、この日はマイクがたくさん設置されており、NHK-FMの収録があったようです。
あの箇所は、ゲネプロの音源で修正して放送されるのでしょうか?
それとも…?

20120618

|

« 新国立劇場「ローエングリン」(2012/6/16) | トップページ | ブッフビンダー(P)(2012/6/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/54998675

この記事へのトラックバック一覧です: 大野和士/都響(2012/6/18):

« 新国立劇場「ローエングリン」(2012/6/16) | トップページ | ブッフビンダー(P)(2012/6/19) »