« ゼッダ/東フィル(2012/6/21) | トップページ | 下野竜也/読響(2012/6/24) »

2012年6月23日 (土)

プレトニョフ/ロシア・ナショナル管弦楽団(2012/6/23)

2012年6月23日(土)14:00
横浜みなとみらいホール

 

指揮:ミハイル・プレトニョフ
ロシア・ナショナル管弦楽団

ピアノ:河村尚子

 

グラズノフ:組曲「中世」~前奏曲
グリーグ:ピアノ協奏曲
グリーグ:叙情小曲集~「君の足元に」
(アンコール)
チャイコフスキー:交響曲第4番
グラズノフ:バレエ音楽「ライモンダ」~スペインの踊り
(アンコール)

良かったです、後半は。
いや前半も、河村尚子さんは絶妙でした。

他の日の公演のネット上の評判がいまひとつだったようなので、少し心配しながら足を運んだ演奏会。
しかし、一曲目のグラズノフの音を聴いて、さほど酷くはなくて一安心。
個々の奏者の出す音は美しく、音も強力。
ただ、アンサンブルとしてはどうなのかな?と思いました。
強奏の威力はあるのですが、オケ全体の音の溶け合いや、微弱音のニュアンスは、もう少し上のレベルがあるような印象。
5年くらい前に聴いた時の記憶はあまり残っていませんが。)
ティンパニの強打を「暴力的」と言ったら言い過ぎでしょうか?

河村尚子さんの独奏でのグリーグの協奏曲は、ピアノが、澄んだチャーミングな音を駆使していたのに対して、オケは、不満と言うほどではないのですが、やはり少々の荒さが(あら探ししてすみません)時折混じる感がありました。
河村尚子さんのピアノを生で聴くのはいつ以来でしょう?
アンコールも含めて、まさに絶妙!(←語彙不足で失礼!)

…というわけで、休憩時間までは、オケの音に「う~ん、こんなものかなぁ」と。
休憩時間のロビーも、あまり熱気のない状態でした。

しかし、後半のチャイコフスキーの交響曲では、前半で感じていたもどかしさがほぼ払拭されました。
“特徴”が長所の方に反転した印象。
金管にほんの僅かな瑕疵はあったものの、総合的にはワクワクするような気持ちにさせてくれる、高揚した演奏だったと思います。
以前、東フィルで聴いた時は「速い!速い!」という印象だったと記憶していますが、この日はさほど速いと感じなかったのは、私の耳がプレトニョフさんの演奏に慣れたせいなのか、プレトニョフさんの方が変わったのか?
もちろん、多少変わった箇所はあって、強奏で終わる箇所をふわっと終えたり、緩急をかなりつけたり…。
しかし、さほど作為的な印象は受けませんでした。
アンコールのグラズノフも、音の仕上がり、磨き上げは十分。

いろいろあったらしいですが、私個人の感情としては、プレトニョフさんが、再び日本に来てくれて嬉しく思っています。
少なくとも、後半は十分に良かった。
東フィル定期にも予定が入っていて喜ばしい限りです。

201206231

201206232

|

« ゼッダ/東フィル(2012/6/21) | トップページ | 下野竜也/読響(2012/6/24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/55035078

この記事へのトラックバック一覧です: プレトニョフ/ロシア・ナショナル管弦楽団(2012/6/23):

« ゼッダ/東フィル(2012/6/21) | トップページ | 下野竜也/読響(2012/6/24) »