« 東京クヮルテット(2012/7/5) | トップページ | ハーディング/新日本フィル(2012/7/7) »

2012年7月 6日 (金)

東京クヮルテット(2012/7/6)

2012年7月6日(金)19:00
王子ホール

東京クヮルテットの室内楽 Vol.7 with 清水直子 第2夜

東京クヮルテット
 マーティン・ビーヴァー
(ヴァイオリン)
 池田菊衛(ヴァイオリン)
 磯村和英(ヴィオラ)
 クライヴ・グリーンスミス(チェロ)
清水直子(ヴィオラ)

ハイドン:弦楽四重奏曲Op.20-4「ヴェネツィアの競艇」
ウェーベルン:弦楽四重奏のための緩徐楽章
ウェーベルン:弦楽器のための5つの楽章Op.5
ブラームス:弦楽五重奏曲第2番

筆圧の強い太い筆で描いた音…という印象は前日と同じでしたが、この日のハイドンは曲の違いからか、終楽章で加速、疾走するスリリング感が感じられて新鮮!
私の席の位置が、この日の方が前の方だったという音響的なこともあるかもしれませんが…。

この日のチケットは、友人に会員先行で買っていただいた前方中央の良席。
初日にかなり後方、2日目にかなり前方の席で聴いて、小さなホールらしく、席の位置の差による音響がかなり少ないこと、でも、やはり微妙な差はあることを体感した次第です。

続くウェーベルン2作品は、ロマン派最終期の爛熟の曲と、無調の世界を完全に確立した後の曲のコントラスト。
とても同じ作曲家と思えない曲の連続は当然意図して並べたものでしょう。
緩徐楽章は、事前にNaxos Music Libraryで“予習”したときに、音源を間違えたか?と思ったくらい、ウェーベルンとは思えないロマン派!

無調の方の曲は、緊張感、緊迫感に満ちた演奏がやはりスリリング。
ただ、カミソリの刃のような切れ味ではなく、どことなく、太い包丁でぶった切ったような切れ味には感じました。
もちろんこれは、スタイルなのでしょうけれど…。

休憩後は5人になって、ブラームス。
実は前日も感じたのですが、女性が加わると、さらにやる気が出るの?と思いました。
いや、女性だからではなく、ベルリン・フィルの首席が加わったから?
五重奏と思えない音の厚み。
そして、気合い入りまくりの強奏の連鎖。
私の個人的嗜好を言えば、もう少しだけ力みを抜いて、音の純度を上げた方が…という思いはあるのですが、これはもう、こういうスタイルなのでしょう。
手抜きの抜け殻のような演奏より、はるかに良いことは言うまでもありませんし。

ところで、私は室内楽ビギナーの一見さんなので、的外れかもしれませんが、アンサンブルの音の純度が…と感じた要因は?
前日に拝見したときは、お年を召されて技巧的に?…と思っていましたが、ブラームスでヴィオラの磯村さんがソロのような部分で奏でた音は完璧に美しい音のようでした。
いや、第2ヴァイオリンの池田さんだって…。
もしかして(こういう言い方は偏見じみていて申し訳ないのですが)後から加入された”異分子”(←清水さんのことではありません)の方に要因有り?と邪推してしまいました。
すみません、ビギナーのたわごとです。
御容赦を。

|

« 東京クヮルテット(2012/7/5) | トップページ | ハーディング/新日本フィル(2012/7/7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/55136062

この記事へのトラックバック一覧です: 東京クヮルテット(2012/7/6):

« 東京クヮルテット(2012/7/5) | トップページ | ハーディング/新日本フィル(2012/7/7) »