« 「アリベルト・ライマンと現代オペラの潮流」(2012/6/30) | トップページ | 山下一史/都響(2012/7/1) »

2012年7月 1日 (日)

『オペラの「演出」をどう読むか』(2012/5/26~6/23)

2012年5月26日(土)10:30
2012年6月2日(土)10:30
2012年6月9日(土)10:30
2012年6月16日(土)10:30
2012年6月23日(土)10:30

中央大学駿河台記念館

講師:
森岡実穂(中央大学経済学部准教授)
山崎太郎(東京工業大学教授)

中央大学クレセント・アカデミー
オペラの「演出」をどう読むか

少し前の話しですが、中央大学のオープンカレッジ「クレセントアカデミー」で、オペラの演出についての講座を聴講しました。
毎週土曜日で、全5回連続で、10:30-12:00という時間設定は、午後の公演に行けるように配慮されたとのことです。
これが受講の決め手となりました。
仮にそうでなく、例えば土曜日の午後とかの設定だったら、受講しなかった可能性の方がが高いです。
もっとも、土曜日の午前中はチケット発売日が多いので、早めに教室に行って、モバイル端末でチケットを予約する行為を毎回のようにやっていましたが。

それはともかく、森岡先生も山崎先生も、例えばクラシックジャーナル046「オペラ演出家ペーター・コンヴィチュニー」などに執筆されていて、その文章も非常に興味深い。
しかし、直に語られる言葉を拝聴するときのお話しの興味深さは、印刷物の比ではありません。
CDと生演奏の違いに匹敵する、生の講義の面白さでした。

まず、初日に森岡先生は、
「自分に見えているものと見えていないものを自覚することも大切です。
私は宗教的視点からはあまり語れません。」
とおっしゃいました。
これで私は、一気に「あ、先生は信用できる!」と思いました。
「私の理論は万能!」ではなく、いろいろな見方があるということです。
ちなみに、森岡先生はジェンダー論(生物学的な性ではなく、役割や“~らしさ”としての男性、女性)などからの切り口を専門とされているようです。

受講して得たことはとても全ては書けませんが、印象に残ったことを少々。

初回は、
「どんな作品、どんな演出でも、作者や演出家が“こうとらえた”という視点で切り取ったものに過ぎません。」
「自分はこう思ったから、人に伝えたいということが“表現”です。」
「その時代の“新しい視点”を加えることが再現芸術には必要不可欠です。」
など。
初日の題材は「蝶々夫人」と「トスカ」。
「“蝶々夫人”では、演出家の視点は、“この作品にどんな悲しみを見つけられるか?”ということで読み替え演出が可能になります。」
「トスカ」では、第1幕最後の合唱が入ってくる場面でスカルピアの一瞬見せる神への畏れ(台本にも明記されているそうです)の様々な演出、演技。

第2回は「魔笛」を題材にして啓蒙主義の時代のお話し。
世界史はあまり得意ではなかったので「なるほど、そうだったのか!」と目から鱗が落ちる思いでした。
ちなみに、何十年も前に、大学1年生の教養課程で、日本史の授業を受けたときの感動を思い出しました。
詳細はもう忘れましたが、例えば太閤検地を論じる切り口に「これが大学の日本史か!高校の日本史とは別物!これが学問というものか!」と驚嘆しました。

3回目は「蝶々夫人」に戻って、西洋人から見た“オリエンタル(東洋的)”の視点。
政治的必然性(植民地の正当化)から生まれた“劣者を父親のように支配しようとする”視点。
「それぞれの作品には“この演出はどういう方向で行くのか”を決めなければならない場面があります。
“蝶々夫人”にはそういう場面が多いと思います。
現代で虐げられている者(貧困層など)への読み替えも、そこから生まれます。」
など。

3回目までは森岡先生の講義でしたが、4回目は山崎先生の講義。
ドラマとは?
ドラマティックとは?
「劇場には、時間的制約、空間的制約があります。
したがって、劇には、あまり多くの物事を詰め込むことができません。
低級な劇は、単なるエピソードの羅列だと言われています。
(そうならないように)ある特別な一日を切り取り、緊張が臨界点に高まった場面から開始する手法がとられます。
開始後は、前進型ドラマと遡及型ドラマがあります。
「舞台でのアクションには限界があります。
例えば戦闘シーン。
映画なら可能ですが、舞台上では限界があります。
そういう場面は、劇では、“語り”で観客の想像力に働きかける方法をとります。
例えば、使者の報告、壁越しに見ている者の語り。
叙事的語りは劇に不可欠な要素です。」
など。

これは、黛敏郎のオペラ「古事記」で、八岐大蛇(やまたのおろち)の退治の場面が群衆(合唱)による語りで歌われたことを思い出しました。

第4回では「魔笛」の解釈の歴史も。
「啓蒙主義、文明社会を絶対視することへの疑念。」
「ザラストロと夜の女王の価値観の対立は、単純な善悪の図式で割り切れない、世界の多様性そのものという見方も出来ます。
矛盾は矛盾のまま存在する現実の世界を描き出したものと言えるかもしれません。」

最終回は、森岡先生、山崎太郎先生のお二人で交互に登壇。
受講生からのコメントも求めて終了。
プロの演出家の方もお二方聴講されていたことを知りました。

毎回“視野が広がる快感”を覚えた講義でした。
毎週土曜日の講義の受講、連続5回を、私の個人的スケジュールに組み入れるのは少々タイトな時期だったのですが、受講して本当に良かった!と思いました。

|

« 「アリベルト・ライマンと現代オペラの潮流」(2012/6/30) | トップページ | 山下一史/都響(2012/7/1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/55092123

この記事へのトラックバック一覧です: 『オペラの「演出」をどう読むか』(2012/5/26~6/23):

« 「アリベルト・ライマンと現代オペラの潮流」(2012/6/30) | トップページ | 山下一史/都響(2012/7/1) »