« 小泉和裕/都響(2012/7/19) | トップページ | スダーン/東響(2012/7/22) »

2012年7月21日 (土)

スダーン/東響(2012/7/21)

2012年7月21日(土)18:00
サントリーホール

指揮:ユベール・スダーン
東京交響楽団

(第602回 定期演奏会)
バリトン:ヴォルフガング・ホルツマイア
テノール:チャールズ・キム
男声合唱:東響コーラス
《東響コーラス創立25周年記念①》

マーラー:歌曲集「さすらう若人の歌」
リスト:ファウスト交響曲

スダーン監督と東響が絶好調なのは、ふつうは想定内。
しかし今夜は、元々高い期待を遥かに凌駕する、想定外の超名人芸集団!
独唱も合唱も間際に出てきても違和感なしのハイテンション!
恐れ入りました。

この日は私は、朝から都内某所で所用があり、17時に解放されて、余裕でサントリーホールへ。
しかし、たいしたことをしていないのに意外と疲れるもので、ホールに着いた時はトリプルヘッダーの体感。
お疲れモードで東響定期へ。

そんなこともあって、前半は、私の個人的体調により今ひとつ集中力なし。
寝なかったですけど。
演奏、歌唱は、たぶん良かったのでしょう。
“反対側”のハンディをあまり感じなかったですし、暗譜で身ぶりを交えての情感込めた歌いっぷりでしたし。

休憩後も私は、お疲れモードが持続。
なのに、なのに、疲れているのを自覚しているのに、集中力が全く途切れない。
ステージ上から立ち上がり、ホールの空間を満たした音は、極上も極上、もしかして私が聴いたスダーン監督と東響のベストの演奏では?
パスしなくて良かった。
驚異的な演奏でした。

弾力性のある音なのに切れ味が鋭いという、相反するような特徴を兼ね備えた音。
クリアーで分解能は十分にあるのに溶け合った音。
しかも、隅々に至るまで音色や表情が徹底されています。
これが、おそらく、偶然の産物などではなく、綿密なリハーサルから生まれた名演なのでしょう。

独唱と合唱は出番の間際の登壇。
それでもいきなり全開で全く途切れない緊迫感。
特に独唱のキムさんの伸びのある高音域は輝かしいばかり。
オルガンも加わっての圧倒的なクライマックスへ。

私の席からは、普段はスダーン監督の息づかいの音はあまり聞こえないのですが(以前、オペラシティのP席で聴いたときに驚いたくらいです)、この日は、終始、相当に伝わって来ました。
スダーン監督も、相当に、いつも以上に、気合いが入っていたのかもしれません。

|

« 小泉和裕/都響(2012/7/19) | トップページ | スダーン/東響(2012/7/22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/55249278

この記事へのトラックバック一覧です: スダーン/東響(2012/7/21):

« 小泉和裕/都響(2012/7/19) | トップページ | スダーン/東響(2012/7/22) »