« 山下一史/都響(2012/7/1) | トップページ | 東京クヮルテット(2012/7/6) »

2012年7月 5日 (木)

東京クヮルテット(2012/7/5)

2012年7月5日(木)19:00
王子ホール

東京クヮルテットの室内楽Vol.7 with 清水直子 第1夜

東京クヮルテット
 マーティン・ビーヴァー(ヴァイオリン)
 池田菊衛(ヴァイオリン)
 磯村和英(ヴィオラ)
 クライヴ・グリーンスミス(チェロ)
清水直子(ヴィオラ)

ハイドン:弦楽四重奏曲「騎士」
ドビュッシー:弦楽四重奏曲
ブラームス:弦楽五重奏曲第1番

切れ味のある音と言うよりは、筆圧の強い、太い筆で描いたような音。
曲によって印象が結構違いましたが、3曲を描き分けた…と言うべきなのでしょう。

ハイドンからドビュッシーに移ったとき、まるで編成が3倍になったかのような錯覚を覚えました。
ハイドンの演奏のスケールが小さいわけではありません。
しかし、ハイドンからドビュッシーまでの長い年月の間に、いかに進化があったかを体感した次第。
まるでドビュッシーの管弦楽曲。
いや、それは大げさとしても、まるで弦楽合奏を聴いているかような音の密度と迫力。
音が襲いかかってくるような演奏。
上品なフランス音楽ではなく、管弦楽曲で言えば「海」のような、寄せては返す音のうねりと発散。

休憩後は、清水さんが加わってのブラームスの五重奏曲。
ドビュッシーから一転、心に染み入るようなブラームス。
途中で高揚し、演奏が熱を帯びても、加速しても(したのかどうか自信はありませんが)せかせかした印象はありません。
むしろ切々と胸に迫ってくる印象。

技巧的にはどうなのでしょう?
全盛期の東京クヮルテットを私は体験していません。
例え、体験していたとしても、半分、別の団体と言ったら言い過ぎでしょうか…。
でも、細部のことは横に置いて、私は全身で迫り来る音を受け止めました。
私はふだん室内楽はあまり聴かないので、現在の音楽シーンでの東京クヮルテットの位置付けは知りません。
依然トップクラスを維持しているのか、それとも昔の名前で出ているのか…。
でも、最大限に献身的な演奏ではあったと思います。

前述のように筆圧の強い太い筆で、それでも3曲それぞれの違う側面を(たぶん)見事に描き分けた演奏。
私としては、ドビュッシーが一番、発見、驚きを感じた演奏でした。
(私の数少ないこの曲の体験に照らして、ですが。)
それだけでも、聴いて良かったと思いました。

|

« 山下一史/都響(2012/7/1) | トップページ | 東京クヮルテット(2012/7/6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/55128937

この記事へのトラックバック一覧です: 東京クヮルテット(2012/7/5):

« 山下一史/都響(2012/7/1) | トップページ | 東京クヮルテット(2012/7/6) »